柴崎みどりの元勤務先の病院はどこ?看護師の退職理由は?

2022年1月12日、看護師として働いていた時に同僚のペットボトルに睡眠導入剤などを入れ、眠気など意識障害にさせた疑いで元看護師の女が逮捕されました。

逮捕されたのは、柴崎みどり容疑者(53)で、仙台市若林区大和町4丁目の無職です。

柴崎みどり容疑者が元勤務していた病院はどこなのでしょうか?

看護師の退職理由も気になりますね。

そこで、「柴崎みどりの元勤務先の病院はどこ?看護師の退職理由は?」と題して記事にまとめていきます。

 

柴崎みどりの元勤務先の病院はどこ?

一体、柴崎みどり容疑者が勤務していた病院はどこなのでしょうか?

報道によると、柴崎容疑者は2021年10月9日、看護師をしていた若林区内の病院で、54歳の同僚女性のペットボトルの飲み物の中に、睡眠導入剤や精神安定剤を入れ、眠気など意識障害を与えた疑いです。

このような怖い事件を起こした看護師はどこで働いていたのでしょうか。

そこで仙台市若林区内の病院で柴崎みどり容疑者が勤務していた病院を調べてみましたが、今のところめぼしい情報は出ていません。

仙台市も大都市であり、若林区内にも相当の数の病院があります。

 

柴崎みどり容疑者が勤務していた病院は総合病院?

ただ、報道では「病院」と表現をしているので、個人のクリニックというよりある程度大きな総合病院のような病院を刺しているのではないかと思われます。

柴崎みどり容疑者が勤務していた病院については、今後SNSや匿名掲示板で情報が書き込まれる可能性があります。

新しい情報が入り次第掲載いたします。

柴崎みどり容疑者が勤務していた病院について情報をお持ちの方は問い合わせフォームからお願いします。

 

柴崎みどりの看護師の退職理由は?

柴崎容疑者は、事件があった2021年10月に、事件を起こした病院を退職しているといいます。

この退職理由が気になりますね。

恐らく、内部調査で柴崎みどり容疑者の犯行が知れ渡り、処分をされたのではないでしょうか。

自主的に退職したというより、解雇に近い形だったのかもしれません。

同僚の飲み物に睡眠導入剤や精神安定剤を入れるとは信じられないですね。

何らかの積もった恨みでもあったのでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「柴崎みどりの勤務先の病院はどこ?看護師の退職理由は?」と題して記事にまとめてきました。

2022年1月12日、看護師として働いていた時に同僚のペットボトルに睡眠導入剤などを入れ、眠気など意識障害にさせた疑いで元看護師の女が逮捕されました。

逮捕されたのは、柴崎みどり容疑者(53)で、仙台市若林区大和町4丁目の無職です。

柴崎みどり容疑者が勤務していた病院はどこなのか調べてみましたが、今のところめぼしい情報は出ていません。

ただ、報道では「病院」という表現をしているのである程度大きな病院であると推測されます。

看護師をなぜ退職したのか理由も気になったので考察をしました。

恐らく、今回の事件が発覚して内部調査で柴崎みどり容疑者の犯行が知れ渡り、処分をされたのではないかと推測されます。