「真空飛び膝蹴り」の沢村忠さん死去 「強くてかっこよかった」

  • 2021年4月2日
  • 2021年4月2日
  • 訃報

キックボクサーの沢村忠が肺がんで死去

報道によると…

昭和プロスポーツ史を代表するスーパースターで、「キックの鬼」の愛称で親しまれた元キックボクサーの沢村忠(本名・白羽秀樹)さんが、3月26日に肺がんのため千葉県内の病院で死去していたことが31日、分かった。78歳だった。

沢村さんは代名詞の「真空飛び膝蹴り」でKOを量産して一世を風靡(ふうび)し、半生を描いた漫画やテレビアニメでも人気を博した。葬儀は近親者のみで30日に執り行われた。

出典:スポーツ報知 https://news.yahoo.co.jp/articles/b562d58a648145dbf7d8ab4f61dea10aa451e26c

沢村忠死去に対する国民の声

国民の声沢村忠さんと野口氏の素晴らしい伝記が発表されて大いに話題になったばかりなのに驚きました。病気と闘っておられたんですね。少年時代熱狂してテレビにかじりついて見ていました。今冷静に考えるとあの興行はどう考えても無茶でしたね。沢村選手は満身創痍だったはず。

国民の声:真空跳び膝蹴り、懐かしい響きです。一世を風靡した後、忽然とブラウン管から消えてしまって、生きているのか死んでいるのかもわからずに、いつのまにかキックボクシングも斜陽になってしまいました。その沢村忠さんが自動車整備をしてたなんて驚きです。

国民の声沢村忠がいなければ、のちのK-1もなかったはず。現役引退後も一武道家として稽古は続けていたようです。99年くらいか?久しぶりにメディアに登場した時56歳くらいだったが体型をキープしていましたもの。

国民の声:若い方には馴染みはないが当時はすごい人気があるスーパースターだった。キックボクシングと言えば沢村忠が代名詞でゴールデンタイムの時間枠でテレビ中継されていた。この年齢で亡くなる著名人を見る度に自分もいい年なんだと実感する。

国民の声とにかく強かったしカッコ良かった。沢村忠の好感が持てる所は引退してもTVに出ずに地道に仕事をされながらキックボクシングの普及をされたことが他のプロスポーツ選手とは違ってましたね。TVに踊らされなかった数少ない方だと思います。ご冥福をお祈りします。

国民の声ポケモンに出てくるサワムラーのモデルとして、若い世代にも広くその名を知られた沢村忠さん。幼少期の息子や娘の口から、沢村忠さんの名前が出て来た時はびっくりしました。「キックの鬼」の愛称も、永遠に語り継がれることと思います。長い間お疲れ様でした。どうか安らかに。

国民の声:「真空飛び膝蹴り」「キックの鬼」「沢村忠」もう何十年経ちますが、この3つのワードは忘れず覚えてました。アニメにもなり、キックボクシングが、一大社会現象、ブームとなりました。

出典:ヤフーニュース

Twitterの反応

編集部より一言

「キックボクシング」という新しい格闘技で活躍され、引退後は自動車整備士として生活。引退後も表舞台には出ず、競技普及のために子供達に教えていたとは。
無一文になる格闘家もいるけど、こうやってしっかりと生活をしていたのを見ると真面目な方だったのかなぁと思っております。
ご冥福をお祈りいたします。