佐藤水菜の結婚や彼氏|師匠の名前やwiki経歴

競輪女子で世界選手権初出場の佐藤水菜が、女子ケイリンで初の銀メダルを獲得して話題となっています。

一体どのような人物なのでしょうか。

報道の概要

日刊スポーツは以下のように報じています。

今回が世界選手権初出場の佐藤水菜(22=日本競輪選手会)が、女子ケイリンで初の銀メダルを獲得した。決勝はスタートから2番手につけて、その位置を守り切った。

自転車女子トラック短距離種目の世界選手権メダル獲得は史上初の快挙。女子トラック種目としては、昨年の梶原悠未(オムニアム)に続き、2年連続のメダル獲得となった。

▽佐藤水菜の話 初めての世界選手権で夢に出るほど緊張したけど、表彰台に乗ることができてうれしい。次のレースでは1番で駆け抜けてやろうという気持ちが強くなった。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/5fa22d234646fbbaef302c996a92f33d09b89927

ネットの反応

国民
佐藤水菜は、ガールズで児玉碧衣とガチで勝負して勝てる数少ない選手の一人。
以前は脚力任せに先行するレースも多かったが、最近は、展開に合わせて車間を空けてからカマスようなレースも出来るし、駆け引きも上手くなっている印象。
国民
児玉に比べると線が細くて頼りない印象なんだけど、この結果は驚いた。銀メダルおめでとう!
国民
女子競輪もここまで来たか、おめでとう。
女子の場合、普段の競輪でもディスクホイールを使用しているので、ケイリンでも力を発揮できるのかも。
国民

サトミナすげー❗なんたってまだ若いからね❗伸びしろ十分

国民

やりました! 佐藤水菜選手、女子ケイリン銀メダル❣️ 新生ジャパンの船出、大きな可能性を感じられる大会になりました。

国民

佐藤水菜ちゃん!アスリートのニュースター!

出典:ヤフーニュース

佐藤水菜のwiki経歴

本名:佐藤水菜(さとうみな)
愛称:さとみな
生年月日:1998年12月7日(22歳)
身長:163.0cm
体重:58.0kg
所属:旧日本競輪学校
期別:114期
分野:トラックレース
役割:選手

佐藤水菜選手は、神奈川県茅ヶ崎市出身の女子競輪選手、自転車競技選手です。
日本競輪選手会神奈川支部に所属していて、ホームバンクは川崎競輪場。日本競輪学校第114期生になります。

佐藤水菜の師匠の名前

佐藤水菜選手の師匠について調べました。佐藤水菜選手の師匠は對馬太陽(85期)氏です。

佐藤水菜の結婚や彼氏

佐藤水菜選手の結婚や彼氏については現在調査中です。しばらくお待ちください。

ref:_00Dd0eHCX._5003o1URuSV:ref