佐々井光子の顔写真は?横浜のバーの店名も調査!

昭和30(1955)年6月に神奈川県警と警視庁公安部外事1課が、横浜市にある風俗店を捜索しました。

容疑は売春等取締条例違反で、その店の当時経営者だった佐々井光子(当時30)が逮捕されました。

そして佐々井容疑者は旧ソ連のスパイだとして、刑事特別法違反の容疑も付け加えられました。

佐々井容疑者は、アメリカ絵亡命していた駐日旧ソ連大使館の書記官から指令を受けていたとされています。

佐々井容疑者は北朝鮮とロシアのハーフであるとのことですが、顔写真などの画像はあるのでしょうか。

そして事件後佐々木容疑者が始めた横浜のバーの店名も調査したいと思います。

今回は「佐々井光子の顔写真は?横浜のバーの店名も調査!」と題してまとめていきます。

 

佐々井光子の顔写真は?

佐々井容疑者の顔画像を捜索しましたが、見つけることはできませんでした。

佐々井容疑者は北朝鮮とロシアのハーフで、見た目も肌が白く茶色の髪色をしていたそうです。

髪色を染め変えるだけでアジア系にもヨーロッパ系にも見えたようです。

70年ほど前のことなのでモノクロ画像であろうとは思われますが、スパイ活動をしているため、証拠が残らないようにしていたのかもしれませんね。

 

佐々井光子の横浜のバーの店名は?

ホテル

佐々井容疑者は刑事特別法違反で懲役4年の刑に課せられました。

刑期を終えた後は横浜でバーを経営していたそうです。

佐々井容疑者が経営していたバーの名前は捜索しましたがわかりませんでした。

刑期を4年終えてからの開業となりますが、短くとも60年以上前に開店したことになりますので、登記簿などには残っていないでしょう。

佐々井容疑者はそのバーを経営しながら余生を過ごしたそうです。

神奈川県警は佐々井容疑者がなくなるまで監視を続けたそうなので、肩身が狭い思いをし続けていたのでしょうね。

 

まとめ

今回は「佐々井光子の顔写真は?横浜のバーの店名も調査!」と題して、記事にまとめてきました。

昭和30(1955)年6月に神奈川県警と警視庁公安部外事1課が、横浜市にある風俗店を捜索し、売春等取締条例違反と刑事特別法違反容疑で、佐々井光子が逮捕されました。

佐々井容疑者は旧ソ連のスパイとして活動していました。

佐々井容疑者は北朝鮮とロシアのハーフで、色白で茶色の髪色をしていたといますが、当時の顔写真などの画像を検索しましたが、見つけることはできませんでした。

4年の刑期を終えた佐々井容疑者は横浜でバーを開いたそうですが、そのバーの名前も捜索しましたが、見つけることはできませんでした。

今後新しい情報がありましたら掲載いたします。