サル痘日本感染者どこから?感染経路や渡航歴を調査!

7月25日、日本国内で「サル痘」の患者が国内で初めて確認されたと話題になっています。

報道によると、今回日本で初めて感染が確認されたのは東京都内に住む30代の男性であることがわかりました。

東京都の検査でサル痘への感染が確認されたということです。

今月15日以降、発しんのほか、発熱や頭痛、けん怠感の症状が出て、25日になって医療機関を受診したことがわかっています。

一体、今回日本で初めて確認された感染者はどこから来たのでしょうか。

また、感染経路や渡航歴はどのようになっているのでしょうか。

そこで、「サル痘日本感染者どこから?感染経路や渡航歴を調査!」と題して記事にまとめていきます。

 

サル痘日本感染者どこから?

今回日本で初めて感染が確認されたサル痘ですが、この感染者は一体どこから来て感染したのでしょうか。

報道によると、この感染者はヨーロッパに渡航歴があるということです。

ヨーロッパ滞在中にサル痘感染者と接触して自身も感染したという情報もあります。

ちなみに、WHOは、サル痘について「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に該当すると宣言しています。

 

サル痘日本感染者の渡航歴は?

それでは、今回の感染者の渡航歴はどのようになっているのでしょうか。

上記のように、初めての感染者は東京都内に住む30代の男性であることがわかっています。

さらに、海外への渡航歴があることもわかっています。

しかし、具体的にどの国に渡航していて帰国したのかということは現在のところ明らかになっていません。

どこの国にいたのかがわかると個人の特定や航空会社の特定につながるため、現時点では慎重になっているのかもしれません。

 

サル痘日本感染者の感染経路は?

気になるのが感染経路ですよね。

感染した男性は6月下旬にヨーロッパに渡航。

7月中旬に日本に入国し、ヨーロッパの現地でサル痘の感染者と接触があったことがわかっています。

サル痘は動物から感染したり、人から人へ感染します。

患者の体液や患部との接触が主な感染ルートになっています。

ただ、今回初めて感染が確認された男性がどのような感染経路だったのか具体的なことはわかっていません。

 

まとめ

この記事では、「サル痘日本感染者どこから?感染経路や渡航歴を調査!」と題して記事にまとめてきました。

7月25日、日本国内で「サル痘」の患者が国内で初めて確認されたと注目されています。

報道によると、今回日本で初めて感染が確認されたのは東京都内に住む30代の男性です。

東京都の検査でサル痘への感染が確認されたということです。

一体、今回日本で初めて確認された感染者はどこから来て、感染経路や渡航歴はどのようになっているのかを調べてみました。

すると、この男性はヨーロッパへの渡航歴がありヨーロッパ滞在中にサル痘の人と接触したといいます。

ただ、具体的な感染経路やどこの国から来たのかは今のところ明らかになっていません。