斎藤準哉の顔,Facebook,仕事は?仮想通貨転売の詐欺で初の逮捕

浜松市西区の斎藤準哉容疑者が、仮想通貨の口座を転売目的で開設した疑いで逮捕されました。

 

仮想通貨の取引口座の転売で詐欺容疑となったのは全国で初めてとなります。

 

斎藤準哉容疑者の顔やFacebook、仕事などを調べました。

報道の概要

報道によると…

仮想通貨(暗号資産)の取引口座を転売目的で開設したとして、愛知県警サイバー犯罪対策課は21日、浜松市西区の飲食店店員、斎藤準哉容疑者(36)を詐欺と犯罪収益移転防止法違反の疑いで逮捕した。県警によると、仮想通貨の取引口座の転売に詐欺容疑を適用したのは全国で初めて。

逮捕容疑は2020年10月20日、仮想通貨の取引口座を開設するため業者と契約。翌21日、氏名不詳の第三者に1万5000円で口座を譲渡する約束をしたとしている。斎藤容疑者は「オンラインカジノなどで借金があった」と容疑を認めているという。

仮想通貨の取引口座を開設する場合、通帳や印鑑は必要がなく、オンライン上で免許証などの個人情報を入力した後、業者の審査を受ける。愛知県警によると、投機目的が多いが、犯罪収益の受け皿として開設するケースも増えてきているという。斎藤容疑者は他にも六つの取引口座を所有しており、転売の有無などを調べている。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/724cf9a999ff4d2ef5c1a27d193c9b3d67da64b3

最近話題となっている仮想通貨の詐欺で初の逮捕です。斎藤準哉容疑者は2020年10月20日に業者と契約して仮想通貨の取引口座を開設。21日に第三者に口座を譲渡する約束をしました。

オンラインカジノなどで借金があり、返済にあてようとしたもようです。

齋藤容疑者は他にも6つの口座を持っていて、警察は余罪がないかを調べています。

斎藤準哉容疑者のプロフィール

名前:斎藤準哉
年齢:36歳
住所:浜松市西区
職業:飲食店店員
容疑:詐欺
学歴:不明

斎藤準哉容疑者は浜松市西区に住む飲食店店員の36歳です。

36歳であれば結婚をして妻や子どももいるかもしれません。仮想通貨の詐欺容疑で捕まるなんて恥ずかしいですね。

 

齋藤容疑者は飲食店の店員として働いていますが、どこの飲食店で働いているかはわかりませんでした。

ただ、住所が浜松市西区のため浜松市近郊の可能性が高いと思われます。

 

Facebookの齋藤容疑者と思われるアカウントでは、「MCG LoungeDays」という飲食店で2005年から働いています。MCG LoungeDaysについては詳細はわかりませんが、キャバクラやガールズバーなど夜の店の可能性があります。

斎藤準哉容疑者の顔写真

話題のニュース編集部で顔写真やプロフィール画像など本人の画像を探してみましたが、
現段階ではどのメディアも報道していませんでした。
現在では顔写真はわかりませんでしたが、情報を入手出来次第更新していきたいと思います。

犯人のFacebookは?

こちらの方でFacebook上の名前検索を行ったり、該当する情報から調べて特定を試みました。

探したところ、浜松市在住で同姓同名のアカウントが存在しました。齋藤容疑者のものの可能性は高いですが、特定はできないのでここでは伏せさせていただきます。

今後、話題のニュースでの調査で分かり次第、追って掲載したいと思います。

ネットの反応

国民
こういった記事を見る度に「仮想通貨の取引所を作る」って言ってた友人の名前がないかヒヤヒヤしながら見てしまう。
まだ私も仮想通貨に対して良い印象をもっていない証拠かな。
国民
こういうマネーロンダリングがあるから仮想通貨には良いイメージを持てないんだよなぁ。
国民
相当な数の口座を作っているはずだ。勿論購入した者も同罪だ。
国民

もちろん口座の転売はいけないことだが、、

現法の詐欺罪の構成要件に合致するのか?

全国初らしいが、、

検察は裁判で勝てる自信があるのか?

国民
東海圏には手癖の悪い輩が
起こす詐欺事件が目立つ。
気持ち悪い社会になったものだ。