佐伯市プレミアム商品券買い占めは誰?車購入女性の特定は?

2022年5月31日、大分県佐伯市で開かれた協議会で市が発行していたプレミアム商品券を巡る対応についての協議が行われました。

こちらの商品券は1冊につき1万円で、これで1万3000円分の買い物ができるというものでした。

原則1世帯3万9000円分の3冊までの購入だったのですが、ある女性が440万円分を購入したとのことです。

女性は手に入れたこの商品券で車を購入しました。

これを受けて田中利明佐伯市長は「ルールを逸脱した行為が行われ大変残念」と気持ちを表しています。

果たしてプレミアム商品券を買い占めた女性は誰なのでしょうか。

また女性の特定はされているのでしょうか。

そこで、今回は「佐伯市プレミアム商品券買い占めは誰?車購入女性の特定は?」と題して、記事をまとめていきます。

 

佐伯市プレミアム商品券買い占めは誰?

佐伯市プレミアム商品券を買い占めた女性は誰なのでしょうか。

どうやら、この商品券は従来は往復ハガキでの申し込みを受け付けていました。

しかし、商品券が売れ残ったため、事前の申し込みが不必要な直接販売を実施したようです。

その販売窓口にその女性がやってきて、2回ほど3万円分を購入しています。

さらに、この後女性は「何冊購入できる?」と販売員に問います。

販売員も「いくらでも購入可能」と答え、「440万円は可能か」と女性が問い、「大丈夫」と答えています。

女性は「車を買う」と話し販売員は440万円分の販売を行なったようです。

この時のプレミアム付き商品券のプレミアム分は133万8000円にのぼるようです。

ルールを無視して購入した女性にも問題はもちろんありますが、1世帯に大量に商品券を販売した窓口にも非がありそうですね。

 

佐伯市プレミアム商品券買い占めで車購入女性の特定は?

佐伯市プレミアム商品券を買い占めて車を購入した女性の特定はされているのでしょうか。

この女性は440万円分の商品券を、現金で支払い購入しているそうです。

これだけの大金を用意できることから、資本家や経営者などである可能性があります。

また、市は女性に対して商品券の返還を求めず、使用も認めているらしいです。

ですので事件に発展する可能性は低く、これからも女性の情報は伏せられるでしょう。

このように情報があまり開示されていないのも相まってか、女性の特定はまだされていません。

経営者であるというのも憶測でしかありませんのでどうかご容赦ください。

もしも特定されるようでしたらまた記事を更新いたします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「佐伯市プレミアム商品券買い占めは誰?車購入女性の特定は?」と題して記事をまとめました。

2022年5月31日、大分県佐伯市で開かれた協議会で市が発行していたプレミアム商品券を巡る対応についての協議が行われました。

こちらの商品券は1冊につき1万円で、これで1万3000円分の買い物ができ、原則1世帯3万9000円分の3冊までの購入でした。

しかし、ある女性が商品券440万円分を購入し話題となっています。

どうやら、この商品券は従来は往復ハガキでの申し込みを受け付けていましたが、商品券が売れ残ったため、事前の申し込みが不必要な直接販売を実施したようです。

その販売窓口にその女性がやってきて、販売員は440万円分の販売を行なったようです。

この女性は440万円分の商品券を、現金で支払い購入したため、これだけの大金を用意できることから、資本家や経営者などである可能性があります。

また、市は女性に対して商品券の返還を求めず、使用も認めているらしく、事件に発展する可能性は低いでしょう。

よって、これからも女性の情報は伏せられるでしょう。

情報があまり開示されていないのも相まってか、女性の特定はまだされていません。

経営者であるというのも憶測でしかありませんのでどうかご容赦ください。