琉球銀行で横領の元男性支店長誰?名前と支店特定は?

琉球銀行の元支店長が、顧客から受け取った現金や小切手を不正に流用していたと、琉球銀行が発表しました。

元支店長は50代の男性とされています。

流用された額は約2億1千万にのぼり、それらはパチンコなどの娯楽に使われていました。

また、怪しまれないように定期的に顧客に配当金を渡すことで、投資信託が購入されているように見せ掛けていたというから驚きです。

11月下旬に、被害客が解約の申請をした際に、投信の口座が見つからなかったことから不正が発覚したといいます。

巧みに不正流用をし、隠蔽しようとした元男性支店長は誰なのでしょうか?

このような横領事件を起こした支店長の名前や支店は特定されているのか気になるところですよね。

そこで、この記事では「琉球銀行で横領の元男性支店長誰?名前と支店特定は?」と題して、この男性支店長について調査しようと思います。

 

琉球銀行で横領の元男性支店長誰?

流用は約15年に渡り、繰り返されていました。

個人や法人など14件が被害にあっています。

被害者の大半は元支店長と親しい関係にあったそうで、現金や小切手などを元支店長に手渡ししていたそうです。

元支店長は「はじめから騙すつもりだった」と認めていますが、本人と近い関係にある被害者から事件を大きくしないでほしいという要望があったといいます。

そのため、被害者とはすでに示談が成立しており、元支店長は全額弁済しています。

琉球銀行は刑事告発に動いており、元支店長へ退職金返還要求をする見込みです。

 

銀行内での信頼厚い

今回横領事件を起こした元男性支店長について調べてみたところ、銀行内ないでは驚きの声が広がっているといいます。

支店長は50代ですが、銀行の幹部の話によると、長く支店長を務めたベテランで、銀行内部での信頼も厚かったといいます。

日頃の勤務態度も問題はなかったといいます。

支店長という役職の人が2億円もの金額を横領したということで、銀行内部では相当ショックが広がっているようです。

 

琉球銀行で横領の元男性支店長の名前と支店特定は?

今回琉球銀行で発覚した横領事件の元男性支店長の名前や、不祥事があった支店は特定されているのでしょうか。

各報道を調べてみましたが、今のところ男性支店長の名前は公開されていませんでした。

ただ、琉球銀行の利用客としてみたら、自分たちが預けた預金を不正に利用していたというのは腹立たしいでしょう。

琉球銀行には名前や支店名を公開してほしいと思うのは当然の流れといえます。

しかし、爆サイや2ちゃんねるなどの特定掲示板も調べてみましたが、いまのところめぼしい情報は出ていないようです。

今後上記の匿名掲示板やSNSで名前や支店などがリークされる可能性があります。

今後新しい情報が入りましたら掲載いたします。

この男性支店長について情報をお持ちの方は問い合わせフォームからお願いします。

 

まとめ

この記事では「琉球銀行で横領の元男性支店長誰?名前と支店特定は?」と題して、琉球銀行で発覚した横領事件を起こした元男性支店長について調べてきました。

琉球銀行の元支店長が、顧客から受け取った現金や小切手を不正に流用していたと、琉球銀行が発表して話題となっています。

元支店長は50代の男性で、流用された額は約2億1千万にのぼり、それらはパチンコなどの娯楽に使われていたといいます。

巧みに不正流用をし、隠蔽しようとした男性支店長は誰なのかを調べてみましたが、今のところ男性支店長についてこれ以上詳しい情報は報道されていませんでした。

横領事件を起こした元男性支店長の名前や支店が特定されているのかも調べてみましたが、今のところ匿名掲示板などでも名前は出ていないようです。

今後新しい情報が入りましたら掲載いたします。