クワクボリョウタ作品lost#6の画像は?値段価格はいくら?

2022年6月6日に新潟県十日町の美術館で展示されていた作家の2作品が、中学生によって破壊されたことが報じられ話題となっています。

問題となった場所は「越後妻有里山現代美術館 MonET(モネ)」という美術館で起きたそうです。

その作品を描いた作家の1人はクワクボリョウタ氏で、壊された作品名は「lost#6」というものだったことがわかりました。

中学生たちに踏み荒らされた事により被害を受けたのは2作品あり、そのうちの1作品が、クワクボリョウタさんの「lost#6」だそうです。

修復不可能という事で、今後は公開が出来なくなってしまっているそうですが、そんなクワクボリョウタ氏の「lost#6」の画像はあるのでしょうか。

また、「lost#6」の値段価格はいくらだったのでしょうか?気になりますよね。

そこで今回は、「クワクボリョウタ作品lost#6の画像は?値段価格はいくら?」と題して記事をまとめていきます。

 

クワクボリョウタ作品lost#6の画像は?

まず初めにクワクボリョウタ氏の作品「lost#6」の画像は?という疑問について調査していきます。

ここでは本題に行く前に軽くクワクボリョウタ氏のプロフィールについて、説明させていただきます。

クワクボリョウタ氏は、日本の現代美術家としてご活躍されている方で、栃木県宇都宮市のご出身です。

大学は筑波大学を卒業されており、これまでにも数々の美術展に出展されています。

さて、今回「越後妻有里山現代美術館 MonET(モネ)」で行われていた大地の芸術祭で今回展示されていた、「lost#6」についても調査していきます。

実際に「lost#6」をSNSやネット上で調査していくと、それだと思われる画像が載っていました。

それがこちらの作品です。

暗闇の中を走る鉄道模型に電灯をつけ、走る場所によっていろんな形が壁に映し出されるというとても綺麗な作品です。

これだけ素晴らしく繊細な作品だったため、生で見たいと思っていた方も多いのではないでしょうか。

この様な作品を悪ふざけで壊してしまった中学生達は未成年ですが、もう笑って生活していく事は出来ないでしょう。

本人たちが弁償など出来る金額では無い為、責任は親達または新潟市が負う事になるでしょうが、一体いくらになってしまうのでしょうか。

次の見出しではそのことについて、調査をしていきます。

 

クワクボリョウタ作品lost#6の値段価格はいくら?

さてここからは、クワクボリョウタさんの作品である、「lost#6」の値段価格はいくら?という疑問について調査をしていきます。

実際に被害を受けた2作品のうち、1作品は現在は展示を再開しており、見ることが出来るようですが、「lost#6」に関しては修復不能です。

この様な作品は絵画などであれば査定が出来ますが、今回のような影絵の場合は正直、査定金額の付け方が難しいと思われます。

具体的な金額はわかりませんが、先程も言ったように、「越後妻有里山現代美術館 MonET(モネ)」は新潟市に損害賠償を求めています。

この「lost#6」はクワクボリョウタさんの作品でもありますが、大地の芸術祭で展示されていた展示品でもあります。

ですので、金額では現わせられないような価値も要素として含まれているため、表に出せないような金額になるのではないでしょうか。

警察にも被害届を出していることから、金額だけの問題ではないという事が読み取れます。

関連記事

新潟県新潟市内の中学生が、修学旅行で訪れた十日町市内の越後妻有里山現代美術館monet内の展示作品2点を破損し、話題となっています。破損された作品はクワクボリョウタ作「LOST#6」とカールステン•ニコライ作「Wellenwanne[…]

越後妻有里山現代美術館 monet 破壊 中学生 黒埼 犯人 誰 特定

 

まとめ

今回は、「クワクボリョウタ作品lost#6の画像は?値段価格はいくら?」と題して記事をまとめていきました。

実際に被害を受けたクワクボリョウタ氏は作家として思いを込めてこの「lost#6」を作ったんだと思います。

中学生の悪ふざけでは済まされないほどの事をしてしてしまったのは紛れもない事実です。

ネット上で調査をしていった結果、「lost#6」という作品の画像は見つけることが出来ました。

ですが修復不可能なほどまでに破壊されてしまっているため、実物を見ることは出来ません。

値段価格がいくらかについても調査をしてきましたが、具体的にはわからず、市町村に損害賠償請求する位の金額という事しかわかりませんでした。

そもそも今回の「lost#6」も含め、美術館に展示されている作品は価格が付いているものばかりではありません。

作家の努力や、その絵画に込められた思い、展示する美術館の期待度なども希少価値に含まれてきます。

いわゆる、「お金で買えない価値」というものに「lost#6」は該当してくるのではないでしょうか。

中学生でも美術という分野が好きで、純粋に鑑賞を楽しみたいという人がいると思います。

本来マナーを守り、芸術品を鑑賞するべき美術館でこの様な惨事が起こってしまったのは許せません。

当然学校側も責任を問われるとは思いますが、壊した中学生達も事の重大さを理解して頂きたいですね。