ロシアの内部文書全文はどこで見れる?失敗告発が流出?

イギリスのザ・タイムズが、ロシアの内部文書を独自に入手したと報じて話題となっています。

ロシア情報機関、連邦保安局(FSB)の内部文書とみられ、「ロシアは追い詰められている」「ウクライナ侵攻は完全に失敗に終わる」と指摘されています。

さらに、文書にはロシア軍の死者が既に1万人規模に上がっている恐れがあるとも指摘されているようです。

ただ、真意は不明となっています。

イギリスのタイムズが入手した、ロシアの内部文書の全文はどこで見れるのでしょうか。

また、「ウクライナ侵攻が失敗に終わる」と、失敗告発が流出しているがなぜ失敗となってのか気になりますよね。

そこで、「ロシアの内部文書全文はどこで見れる?失敗告発が流出?」と題して記事をまとめていきます。

 

ロシアの内部文書全文はどこで見れる?

ロシアの内部文書の全文はどこで見れるのか調べてみました。

調べたところ、ロシアの反政府サイト「Gullagnet」を運営するウラジミール・オセツキン氏が2000ページに及ぶ報告書を入手したと報じられています。

ロシアの反政府サイト「Gullagnet」について調べましたが、HPを見つけることができませんでした。

ただ、文書の内容については、「敗北だけが残った」「正確な死亡者数を把握できていない」などが書かれているようです。

文書内には、戦争を続けるとロシア経済が崩壊する可能性があると指摘され、今年6月を暫定的デットラインと、戦争の終わりについても掲示しているようです。

 

ロシアの内部文書で失敗告発が流出?

ロシアの内部文書が失敗告発とあるが、どのような告発が流出したのでしょうか。

ロシアの政府情報機関連邦保安局が作成したとされる内部文書にはプーチン大統領の決断を否定した内容が記載されているようです。

「ウクライナ侵攻は完全な失敗だ」「勝利の選択肢がなく敗北だけが残った」と今回の戦争が失敗であったと文書に書かれており、衝撃が広がっています。

プーチン大統領が、イラ立ちを強めていて精神状態が不安視する声もあり、今後のロシア軍の動きで残虐な手段に出る危険性が高いのではないかと騒がれています。

さらなる被害が出る前に、ロシア側でウクライナ侵攻が失敗したのであれば、潔く敗北を認めてもらいたいと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「ロシアの内部文書全文はどこで見れる?失敗告発が流出?」と題して記事をまとめてみました。

イギリスのザ・タイムズが、ロシアの内部文書を独自に入手したと報じて話題となっています。

ロシアの内部文書の全文はどこで見れるのか調べてみました。

調べたところ、ロシアの反政府サイト「Gullagnet」を運営するウラジミール・オセツキン氏が2000ページに及ぶ報告書を入手したと報じられています。

ロシアの反政府サイト「Gullagnet」について調べましたが、HPを見つけることができませんでした。

ロシアの内部文書が失敗告発とあるが、どのような告発が流出したのでしょうか。

告発文書には、「ウクライナ侵攻は完全な失敗だ」「勝利の選択肢がなく敗北だけが残った」と今回の戦争が失敗であったと書かれており、衝撃が広がっています。

さらなる被害が出る前に、ロシア側でウクライナ侵攻が失敗したのであれば、潔く敗北を認めてもらいたいと思います。