ロマンスカー虚偽予約9千回男は誰?実名特定は?

小田急ロマンスカーに乗車する意思がないのに約9千回分の指定席をオンラインで予約し、業務を妨害したとして埼玉県志木市の無職の男(48)が書類送検されました。

男は偽計業務妨害容疑で7月13日に送検され、容疑を認めているとのことです。

警視庁によると2021年3月から11月に9313回にわたり特急券の予約を繰り返したとしています。

このような虚偽予約をした男は誰なのでしょうか。

男の実名は特定できるのでしょうか。

今回は「ロマンスカー虚偽予約9千回男は誰?実名特定は?」と題してまとめていきます。

 

ロマンスカー虚偽予約9千回男は誰?

ロマンスカーの架空予約をしたのは埼玉県志木市に住む48歳無職の男と公表されています。

動機には当時の職場にイライラしていた腹いせもあったようです。

男が予約したうちの9割は景色のいい展望席だったとのことです。

現在のところ架空予約を繰り返した男が誰なのかは公表されていません。

男は、鉄道の乗車を楽しむいわゆる「乗り鉄」だったとみられており、特にロマンスカーに乗るのが好きだと話しているそうです。

しかし、展望席で酒を飲みながら大騒ぎする客に注意しないなどの、乗務員の態度に不満を持っており、このような行動をとったそうです。

 

ロマンスカー虚偽予約9千回男の実名特定は?

現在のところ虚偽予約をした男の実名は公表されていません。

男は小田急鉄道が運営する特急ロマンスカーの予約サイトで9313回にわたり乗車する意思のない乗車予約をしていたとして警視庁に起訴を求められました。

ロマンスカーの予約は車両の発射15分前までに決済しないでいると、自動的にキャンセルされる仕組みになっているそうです。

男はこの自動キャンセルを繰り返していたとみられています。

男は2020年末にも同様の行為を行っていたため、小田急鉄道に警告を受けていました。

 

まとめ

今回は「ロマンスカー虚偽予約9千回男は誰?実名特定は?」と題して、記事にまとめてきました。

小田急ロマンスカーに乗車する意思がないのに約9千回分の指定席をオンラインで予約し、業務を妨害したとして偽計業務妨害容疑で無職の男が書類送検されました。

男は容疑を認めています。

ロマンスカーの漕ぎ予約をしたのは誰かや実名は公表されていません。

各報道やSNSなどを確認しましたが特定はできませんでした。

男は埼玉県志木市在住の48歳の男で、いわゆる乗り鉄であることがわかっています。

2020年末にも男は小田急鉄道から警告を受けており、今回が再犯であることもわかりました。

虚偽予約を繰り返していたとされる期間は9か月なので、1日に30回以上の予約行為を行っていたことになります。

その熱意を他のことにそそぐことはできなかったのですかね。