プーチンが末期がんと言われる理由は顔?病気の症状や余命は?

5日、英紙「DAILY STAR」がロシアのプーチン大統領の体調について「末期癌で苦しんでおり、死にかけている」と報じて話題となっています。

同紙が米国防総省筋から入手したという極秘情報では、現在のプーチン大統領は腸の癌を患っており、末期状態だといいます。

これまでもパーキンソン病説や正気を失っているという指摘が幾度となく繰り返されてきたプーチン大統領ですが、余命を告げられ、自暴自棄になった結果として今回のウクライナ侵攻に踏み切った可能性もあります。

最近のプーチンの顔が丸く膨らんだように見えますが、病気との関連はあるのでしょうか。

また、病気の症状や余命はどうなっているのでしょうか。

今回の記事では、「プーチンが末期がんと言われる理由は顔?病気の症状や余命は?」と題して、真相をまとめていきます。

 

プーチンが末期がんと言われる理由は顔?

昨今のプーチン大統領の顔は以前と比べ大きく丸く膨らんだように見えます。

これについて米国防総省のアナリストは、ステロイドの投薬を行っているからとし、また、いかなる時も厳しい表情を崩さないのは痛みを堪えているためだと分析しています。

また、近年のプーチン大統領は他者と面会する際に極端に長いテーブルを用いるなど、極度に新型コロナウイルス感染症を恐れているためとしていますが、その理由も実は自身の病状が関係しているはずだと指摘しています。

加えて5日には、ロシアの航空会社アエロフロートの職員たちの前に姿を現したプーチン大統領の映像が公開されていましたが、雄弁に語るプーチン大統領の手がまるでマイクを“すり抜けた”ように見えることから、合成映像ではないかと指摘されていました。

最近のプーチン大統領がこれほど狂ったことをしているのは、余命が短いが故に、判断能力がおかしくなっていると捉えられてもおかしくありません。

 

プーチンの末期がんの病気の症状や余命は?

プーチン大統領は、これまでも幾度となくパーキンソン病説や正気を失っているという指摘がありました。

米国防総省筋からの極秘情報では、現在のプーチン大統領は腸の癌を患っているとされています。

では、腸の癌とはどんな症状なのでしょうか。

腸の癌というと、一般的には大腸癌を指していることが多いです。

大腸がんは、大腸(結腸・直腸)に発生するがんで、腺腫という良性のポリープががん化して発生するものと、正常な粘膜から直接発生するものがあります。

早期の段階では自覚症状はほとんどなく、進行すると症状が出ることが多くなります。症状としては、血便、下血、下痢と便秘の繰り返し、便が細い、便が残る感じ、おなかが張る、腹痛、貧血、体重減少などがあります。

プーチン大統領が無表情でいることが多いのは、そうした痛みを堪えているためだとされています。

余命に関して、末期癌の場合ですと、余命3か月~6か月とされています。

もし、プーチン大統領が本当に末期癌だとすると、ここまで狂ったことをする動機も納得できるのではないかと思います。

今回のウクライナ侵攻はまさか余命を告げられ、自暴自棄になった結果なのかもしれません。

プーチン氏についてはこちらの記事もご確認下さい。

 

まとめ

この記事は「プーチンが末期がんと言われる理由は顔?病気の症状や余命は?」と題して、真相をまとめてみました。

「DAILY STAR」がロシアのプーチン大統領の体調について「末期がんで苦しんでおり、死にかけている」と報じました。

現在のプーチン大統領は腸の癌を患っており、末期状態だといいます。

病気の症状や余命を調べてみると、一般的な腸の癌は、大腸癌が主流で、おなかが張る、腹痛、貧血、体重減少といった症状がみられ、余命3か月~6か月とされています。

ウクライナ侵攻を巡る暴挙を行ったのは、余命がわずかであることに焦りを感じ、判断能力が低下した可能性があります。

ウクライナ戦争の行方は、プーチン氏の精神状態に委ねられているのかもしれません。