ぺこりゅうちぇるの離婚理由や原因は?新しい家族の形はどういうことでゲイ?

2022年8月25日、タレントのryuchell(りゅうちぇる)さんがインスタグラムにて、「僕たちの家族について伝えたいことがあります」と報告しました。

インスタグラムの内容は現在の自分について「本当の自分と、本当の自分を隠すryuchellとの間に、少しずつ溝ができてしまいました」「本当の自分のことを言えずにいる苦しさを、毎日1人で抱え込んでいました」と記し、妻に告白したと明かしています。

そして、これからは夫と妻ではなく、人生のパートナー、そしてかけがえのない息子の親として、新しい家族の形で人生を過ごしていこうと決めたことを記しています。

離婚をしても、今まで通り一緒に暮らしていくそうです。

こちらの発表、一体どういう事でしょうか。

ぺこりゅうちぇるの離婚の理由や原因が気になります。

また、新しい家族の形とはどういうことでしょうか。

投稿された文章から、りゅうちぇるはゲイだったということでしょうか。

そこで「ぺこりゅうちぇるの離婚理由や原因は?新しい家族の形はどういうことでゲイ?」と題して、記事をまとめていきます。

ぺこりゅうちぇるの離婚理由や原因は?

ぺこりゅうちぇるの離婚理由や原因は何なのでしょうか。

りゅうちぇるさんのインスタグラムの投稿を確認したところ、大きく分けて3つのことを話していました。

 

本当の自分と本当の自分を隠すryuchellとの間に溝ができた

りゅうちぇるさんは自身のインスタグラムで「本当の自分と、本当の自分を隠すryuchellとの間に、少しずつ溝ができてしまいました」と語っており、毎日一人で悩んでいたそうです。

「本当の自分を隠すryuchell」と表現しているので、これはおそらく芸能人・りゅうちぇるとしての行動や発言を求められていたことへの葛藤や苦悩を語っているのではないかと思われます。

芸能人であれば誰でも抱えていそうな悩みですが、りゅうちぇるさんにとっては離婚の理由の一つにをなるほど悩んでいたということでしょうか。

 

夫=正真正銘の男でいなければいけない辛さ

りゅうちぇるさんは「夫であることは正真正銘の男でないといけない」「夫であることにつらさを感じていた」とも綴っています。

全体を通してかなり曖昧な表現ですが、文章から察するに男として生きていくのに辛さを感じており、耐えられなくなってしまったと捉えることができます。

ネット上でも、「ぺこさんのために男として頑張っていたけれど、限界が来てしまった」という解釈が大半でした。

これは性自認の問題が大きく関わっていると思います。

りゅうちぇるさん身体的な性別と心の性別が違ったのではないでしょうか。

だとしたら、りゅうちぇるさんにとってはとても辛いですね。

文章が核心に触れていないため離婚理由や原因については推測になりますが、ぺこさんがりゅうちぇるさんの事をとても理解し、離婚について納得していることは分かりました。

 

一番守りたい家族を守れなくなってしまう

りゅうちぇるさんは「このままでは自分が本当にダメになって、一番守りたい家族のことも守れなくなってしまう」と感じたそうです。

りゅうちぇるさんが本当に家族を大切にしていて、それが故にとても悩んでいたことが伺えます。

自分がダメになってしまえば、大切な家族を守りたくても守れなくなってしまうことを恐れていたのでしょう。

 

事務所が離婚を事実と認める

その後の報道で、所属事務所が二人の離婚について事実であることを認めました。

ぺこさんとりゅうちぇるさんの説明があいまいで抽象的だったのでネット上では「離婚していないのではないか?」「どういうことかわからない」といった声も多くあがっていましたが、事務所が離婚の事実を認めたことで籍を抜いたことは明らかのようです。

2人は法律上の婚姻関係は解消しましたが、同居生活については今後も続けるようです。

ただ、「新しい家族」として同居生活をするということなので、事実婚でもないということです。

 

ぺこりゅうちぇるの新しい家族の形はどういうこと?

インスタグラムの投稿にあった「新しい家族の形」とはどういうことでしょうか。

ぺこさんとりゅうちぇるさんはお互いのインスタグラムにて「夫婦という関係ではなく、人生のパートナーとして一緒に生きていく」と報告しています。

おそらく、離婚はしますが、これからも変わらず同じ屋根の下で暮らし、生活を共にするということを「新しい家族の形」と表現しているのだと推測します。

2人の間にはお子さんもいますので、一緒に暮らしていくことはとても大切なことだと思います。

しかし、子供の事を一番に考えるのであれば、なぜ離婚をするのかという声も上がっており、りゅうちぇるさんの過去の子育て理論などを持ち出して批判をされたり、ネット上でバッシングを受けています。

それもあってか、りゅうちぇるさんのインスタグラムは現在非公開となっており、投稿を見ることができなくなっております。

個人的には2人で決めたことに対して外野の人間が口出しをする必要はないと思いますが、まだ幼い子供がいるという部分においては、無責任であるという意見に対して肯定せざるを得ないです。

>>りゅうちぇるのインスタについてはこちらもチェック!

 

ぺこりゅうちぇるはゲイ?

りゅうちぇるさんはゲイなのでしょうか。

インスタグラムの文章を見て率直に思うのは、バイセクシュアルの一面があったのではと感じます。

今回の報告の冒頭で、りゅうちぇるさんは「女性を好きになることは僕の人生の中で、初めての事でした」と語っています。

これはつまり、ぺこさんと出会う前は男性の事しか好きにならなかったということを意味していると思います。

また「自分が女性とこのような関係を築けるとは思わなかった」「一生一緒に居たいという思いで夫婦という道を選択した」と語っており、りゅうちぇるさんの人生でぺこさんとの出会いは奇跡であったのではないかと感じます。

しかし、結果として離婚という選択をしたということは、やはり同性愛者=ゲイである自分を隠し通せなかったということになるのではないでしょうか。

 

LGBTとは

性自認や性的指向を考える上で「LGBT」という言葉を知っておく必要があります。

LGBTとは、

  • L=Lesbian(レズビアン) 女性の同性愛者
  • G=Gay(ゲイ) 男性の同性愛者
  • B=Bisexual(バイセクシャル) 両性愛者
  • T=Transgender(トランスジェンダー) 「身体の性」と「心の性」が一致しないため「身体の性」に違和感を持つ人

こういった性的少数者を総称した言葉です。

LGBTの方はカミングアウトをすることによってこれまでの人間関係や、周りからの否定的な意見を恐れ、自分を偽って過ごしている人も少なくないといいます。

しかし、自分を偽ることなく生きる事を望んでおり、LGBTの方を世の中や社会全体で肯定していくことが大切だという考えが世界中で広がり始めています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「ぺこりゅうちぇるの離婚理由や原因は?新しい家族の形はどういうことでゲイ?」と題して、記事をまとめてみました。

2022年8月25日、タレントのryuchell(りゅうちぇる)さんがインスタグラムにて、「僕たちの家族について伝えたいことがあります」と報告しました。

インスタグラムの内容は現在の自分について「本当の自分と、本当の自分を隠すryuchellとの間に、少しずつ溝ができてしまいました」「本当の自分のことを言えずにいる苦しさを、毎日1人で抱え込んでいました」と記し、妻に告白したと明かしています。

ぺこりゅうちぇるとして仲の良い夫婦のイメージだった2人でしたが、夫婦という関係は解消し、「新しい家族の形」としてこれからも共に歩んでいくそうです。

離婚の理由や原因は、文章から、本当の自分との溝や、りゅうちぇるさんが男として生きていくのに辛さを感じており、耐えられなくなってしまい、家族を守れなくなってしまうことを恐れていたと思われます。

また、それはりゅうちぇるさんがゲイであることから、そのような辛さを感じており、今回の報告に至ったと思われます。

この報告により、りゅうちぇるさんに対して賛否が分かれていますが、これからどう認められていくかは本人たち次第だと思いますので、見守りたいと思います。