ペアルック餃子窃盗事件の場所はさいたま市のどこ?店名の特定は?

2022年6月16日、埼玉県さいたま市で餃子を盗んだ容疑で男女が逮捕されました。

逮捕されたのは、無職の濱一輝容疑者(22)と高橋直穂容疑者(24)です。

濱容疑者と高橋容疑者は交際中で、さいたま市の餃子無人販売店にフードを被った特徴的なペアルックの姿で入店し、お金を支払わずに餃子を手に取り店を出て行ったという窃盗の容疑をかけられています。

この容疑者らは同じ格好で何度も盗みを繰り返しており、「ペアルック連続ギョーザ窃盗事件」と捜査員の間で呼ばれていました。

そこで、このような窃盗事件が起こった場所はさいたま市のどこなのしょうか。

店名などは特定されているのでしょうか。

気になりますね。

そこで、今回は「ペアルック餃子窃盗事件の場所はさいたま市のどこ?店名の特定は?」と題して、記事をまとめていきます。

 

ペアルック餃子窃盗事件の場所はさいたま市のどこ?

ペアルック餃子窃盗事件の場所はさいたま市のどこなのでしょうか。

どうやら事件が発生したお店はさいたま市大宮区天沼(あまぬま)町にあるらしいです。

天沼町は大宮区東部に位置し、東部は学校や公園などの公共施設で西部は住宅地として構成されています。

人口は約1万人程度です。

大宮駅も近くにあり、かなり栄えている場所のようですが、飲み屋街や風俗街も近くにあり、治安を不安視する声も見受けられます。

ですので、天沼町ではこのような事件が過去にもあったのかもしれませんね。

 

ペアルック餃子窃盗事件の店名の特定は?

ペアルック餃子窃盗事件の店名の特定はされているのでしょうか。

どうやら店名は「無人餃子販売所 一代元 天沼店」というらしいです。

一代元は元々ラーメンチェーン店らしいのですが、2021年からさいたま市を筆頭に餃子無人販売店をオープンさせています。

店内は監視カメラがあるのみで誰もおらず、完全セルフサービスです。

40個入りの餃子が1000円で購入でき、他にもタレなどの販売もされています。

今回逮捕された男女は監視カメラの存在に気づいていなかったのでしょうか。

そうでなければ、特徴的なペアルック姿で盗みをするという発想には至らないと思われます。

監視カメラの存在に気づいてなかったと考えるのが妥当でしょうね。

いずれにせよ、無人店はこのような窃盗のリスクが高いと思われますので、無人店を経営者は窃盗の防止策をしっかりと講じなくてはならないですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「ペアルック餃子窃盗事件の場所はさいたま市のどこ?店名の特定は?」と題して記事をまとめました。

2022年6月16日、埼玉県さいたま市で餃子を盗んだ容疑で、無職の濱一輝容疑者(22)と高橋直穂容疑者(24)が逮捕されました。

濱容疑者と高橋容疑者は交際中で、さいたま市の餃子無人販売店に特徴的なペアルックの姿で入店し、お金を支払わずに餃子を手に取り店を出て行ったという窃盗の容疑をかけられています。

容疑者らは同じ格好で何度も盗みを繰り返していたことから、「ペアルック連続ギョーザ窃盗事件」と捜査員の間で呼ばれていました。

事件が発生したお店はさいたま市大宮区天沼(あまぬま)町にあるらしいです。

天沼町は大宮区東部に位置し、東部は学校や公園などの公共施設で西部は住宅地として構成されている、人口は約1万人程度の町です。

大宮駅も近くにあり、かなり栄えている場所のようですが、飲み屋街や風俗街も近くにあり、治安を不安視する声も見受けられます。

ペアルック餃子窃盗事件の店名は「無人餃子販売所 一代元 天沼店」とすでに特定されているようです。

一代元は元々ラーメンチェーン店らしいのですが、2021年からさいたま市を筆頭に餃子無人販売店をオープンさせており、ここでは40個入りの餃子が1000円で購入でき、他にもタレなどの販売もされています。

店内は監視カメラがあるのみで誰もおらず、完全セルフサービスです。