大阪労災病院|死亡の30代男性医師誰?名前+顔画像は?

2021年10月20日、大阪府堺市北区の大阪労災病院で、病院に勤める30代の男性医師が職員用浴室で血を流して倒れていたという事件がありました。その後男性医師は死亡しました。

一体何があったのでしょうか。

報道の概要

朝日新聞は以下のように報じています。

堺市北区の大阪労災病院で20日午後6時半ごろ、同病院の男性医師が職員用浴室で血を流して倒れているのを、医師を捜査中だった兵庫県警の捜査員が発見し、大阪府警に連絡した。府警北堺署によると、男性医師は間もなく死亡が確認された。浴室は内側から施錠されており、同署は自殺を図ったとみている。

 兵庫県警生活安全特別捜査隊によると、死亡したのは同県内に住む30代の男性医師。20日午後0時40分ごろ、県警の捜査員が病院の会議室で医師と面会し、「県迷惑防止条例違反の容疑で事情を聴きたい」と伝えると、医師は「準備をするので待っていてほしい」「1時間くらいかかる」と言って会議室を出た。

 医師は午後2時になっても戻らず、院内を捜し、地下1階の職員用の浴室で倒れている医師を見つけたという。県警は「現時点では捜査に問題はなかったと考えている」としている。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/e5319ebb163b62da87e07a170734996a13bac103

上記のように、男性医師を調査中だった兵庫県警の捜査員が発見したといい、自殺を図ったとみられています。

県迷惑防止条例違反の容疑で話を聞こうとして席を外した後に亡くなったといいます。

大坂労災病院医師のプロフィール

今回亡くなった男性医師について現在わかっている情報は以下の通りです。

名前:不明
年齢:30代
住所:兵庫県
職業:大阪労災病院医師

自殺の理由(原因)は?

今回の事件で、男性医師はなぜ亡くなったのでしょうか?
考えられるのは、何らかの罪がバレるのを恐れて、その前に亡くなったということです。

というのも、警察が県迷惑防止条例違反の容疑で話を聞こうとしていたためです。

県迷惑防止条例違反の内容としては、主に痴漢や盗撮、ストーカーなどが考えられます。

何らかの後ろめたいことがあり隠滅のために自ら命を絶ったものと思われます。

 

 

ネットの反応

国民
この結果を見る限り、準備をするので1時間待っていてほしいと言われて
証拠隠滅も自殺も疑わずに、会議室で素直に待ち続けたのは失敗でしたね。
国民
この医師も捜査の手が及ばないと油断していたから、突発的にこういう行動に
出たのでしょうが、最後まで卑怯だなと思ってしまいます。
国民
迷防の事件で勤務先の病院まで捜査員に来られたからこの医師には衝撃的過ぎて自殺したんだろうね
国民

この医師にとってはこれまでのキャリアがすべて潰れて路頭に迷うくらいなら今のうちにすべて楽になろうと思ったのではないだろうか。

国民

勉強もして高い授業料も払いやっと医者になって自※か。人生はわからんな。辛いな。

国民

命よりプライドが大事だったのかな。

出典:ヤフーニュース

 

 

 

ref:_00Dd0eHCX._5003o1URuSV:ref