大阪万博キャラクターが怖いし気持ち悪い?コンセプトや意味は?

2025年に開催される大阪・関西万博の公式キャラクターが決まりましたが、そのキャラクターが怖くて気持ち悪いと話題になっています。

大阪万博キャラクターのテーマが「いのち輝く未来社会のデザイン」で募集し、約1900通の応募が集まりました。

その中で、最終候補3作品までしぼられ、1作品に決定したのです。

しかし、決定した大阪万博キャラクターが怖いし気持ち悪いなどネットでは、キャラクターの見た目で盛り上がっています。

どのような、コンセプトや意味があるのか気になりますよね。

そこで、「大阪万博キャラクターが怖いし気持ち悪い?コンセプトや意味は?」と題して記事をまとめていきます。

 

大阪万博キャラクターが怖いし気持ち悪い?

上の画像が、2025年に開催される大阪万博の公式キャラクターになります。

キャラクターを見てみると、目がたくさんあって、ドロドロとした体で「怖くて気持ち悪い」と思ってしまいました。

今回、タレントの中川翔子さんがキャラクターの選考委員を務め、キャラクターに対し「スター性を秘めている」と話しています。

過去、1970年に開催された大阪万博で有名な「太陽の塔」も奇抜ですが、2025年に開催される大阪万博キャラクターも負けじとインパクトがあります。

まだ、公式キャラクターの愛称は決まっておらず、4月下旬からキャラクターの愛称を募集する予定のようです。

どのような愛称になるのか気になりますね。

 

大阪万博キャラクターのコンセプトや意味は?

公式キャラクターが決まりましたが、キャラクターのコンセプトや意味がなんなのか調べてみました。

公式キャラクターの募集コンセプトは、「未来社会の実験場」とあり、キャラクターは国境を越え、子どもからお年寄りまですべての方々に対して,いのち輝く未来社会のデザインを伝える重要な役割を担うとしています。

公式キャラクターの制作意図が、「ロゴマークをそのままキャラクターにできないか」というアイデアで生まれたようです。

また、「水の都」の水と一緒になることで、姿を変えられることをコンセプトにしているそうです。

上の画像は、大阪・関西万博のシンボルとして世界中から愛され、親しみを持たれる意味を持った、公式ロゴマークとなっています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「大阪万博キャラクターが怖いし気持ち悪い?コンセプトや意味は?」と題して記事をまとめてみました。

2025年に開催される大阪・関西万博の公式キャラクターが決まりましたが、そのキャラクターが怖いし気持ち悪いと話題になっています。

どのようなキャラクターなのか調べてみたところ、目がたくさんあって、ドロドロとした体で「怖いし気持ち悪い」と思ってしまいました。

可愛いと言い難い公式キャラクターのコンセプトや意味が気になり調べてみました。

公式キャラクターの募集コンセプトは、「未来社会の実験場」とあり、キャラクターは国境を越え、子どもからお年寄りまですべての方々に対して,いのち輝く未来社会のデザインを伝える重要な役割を担うとしています。

公式キャラクターの制作意図が、「ロゴマークをそのままキャラクターにできないか」というアイデアで生まれたようです。

なお、公式キャラクターの愛称は決まっておらず、4月下旬からキャラクターの愛称を募集する予定のようです。

どのような愛称になるのか気になりますね。