鬼塚友章の階級や経歴学歴は?今後辞職後どうなるかも調査!

2022年8月25日、奈良県警の鬼塚知章本部長が安倍元総理の銃撃事件の責任を取って辞職をするという旨を記者会見で発表しました。

鬼塚本部長は「安倍元総理大臣が拳銃で殺害されるという事件の発生を防げなかったことに関して責任を痛感している」といった趣旨の内容を述べたのち、「事態の重大さを省みて、国家国家公安委員会と警察庁長官に対して辞職を願い出たところご承認をいただいた」と説明しているようです。

そこで、鬼塚本部長の階級、経歴、学歴に今注目が集まっています。

また、鬼塚本部長の今後や辞職後が気になりますね。

そこで、今回は「鬼塚友章の階級や経歴学歴は?今後辞職後どうなるかも調査!」と題して、記事をまとめていきます。

ここで、鬼塚友章氏に関するニュースの最新情報やもっと詳しい裏話知りたい方必見!

スマートニュースなら話題のニュースが今すぐ完全無料で見れます!!

総ダウンロード数 5,000万以上ニュースアプリのダウンロード数1位の人気アプリ☆

掲載媒体トップの3,000メディアの情報を全て無料でスマホで見れるんです♪

重要なニュースや防災速報はプッシュ通知で来るので、重要な情報を見逃すこともありません。

ちなみに、全国5万店舗以上の限定クーポンももらえちゃいます!

皆さんもぜひ、スマートニュースでニュースをチェックして下さいね!

\5000万ダウンロードの人気アプリ/

スマートニュース 最新ニュースや天気・天気予報、クーポンも

スマートニュース 最新ニュースや天気・天気予報、クーポンも

SmartNews, Inc.無料posted withアプリーチ

鬼塚友章の階級は?

鬼塚本部長の階級が気になるところです。

調査したところ、現在の階級は警視長という情報を発見しました。

警視長は警視総監、警視監に次ぐ3番目の地位だそうです。

警視総監や警視監といった、警察組織のトップ層とほぼ同じレベルの階級ということになりますので、鬼塚本部長はかなりのエリートということになりますね。

このような結果で辞職に至ってしまうのは残念ですが、本部長という立場上、責任を取らないといけないので仕方ありませんね。

 

鬼塚友章の経歴学歴は?

鬼塚本部長の経歴や学歴が気になりますね。

どうやら1995年に警視庁に入社した後、警察庁警備局公安課理事官や警備課警護室長といった役職を務めるという、エリートと呼ぶにふさわしい経歴を持っているようです。

また、学歴も国立大学の九州大学法学部出身であることがわかっております。

九州大学は国公立の中でも難関と言われており、法学部の偏差値は72〜76という脅威的な数値です。

このことから鬼塚本部長は凄まじいエリート人生を歩んできたことがわかりますね。

大学以外の出身校の情報はありませんでしたので、その情報がわかり次第記事を更新いたします。

 

鬼塚友章の今後辞職後どうなる?

鬼塚本部長の辞職後が気になりますね。

辞職後の情報は出ていませんが、一般的に公務員が辞職した後は、公務員として再雇用されるか、民間企業に再就職といった形になることが多いらしいです。

鬼塚本部長は1995年から警視庁に勤めており、公務員経験が豊富ですので、同じ警察組織か、警察以外のジャンルの公務員に再雇用されるかもしれません。

一方で、責務を果たせなかったというレッテルを貼られ、就職は難しい場合も考えられるでしょう。

まだ今後に関する正式な情報はなく、これらは憶測にすぎませんので鵜呑みにしないようにお願いいたします。

今後についての新たな情報がありましたら記事を更新いたします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「鬼塚友章の階級や経歴学歴は?今後辞職後どうなるかも調査!」と題して記事をまとめました。

2022年8月25日、奈良県警の鬼塚知章本部長が安倍元総理の銃撃事件の責任を取って辞職をするという旨を記者会見で発表しました。

鬼塚本部長は記者会見で「事態の重大さを省みて、国家国家公安委員会と警察庁長官に対して辞職を願い出たところご承認をいただいた」と説明しているようです。

鬼塚本部長の階級は警視長という情報を発見しました。

警視長は組織のトップ層の階級で有名な警視総監や警視監に次ぐ3番目の地位だそうで、鬼塚本部長はかなりのエリートということになります。

鬼塚本部長は、警察庁警備局公安課理事官や警備課警護室長を務めた経験があり、エリートと呼ぶにふさわしい経歴を持っているようです。

学歴も国公立大学の中でも難関と言われている九州大学の法学部出身で、偏差値は72〜76という脅威的な数値です。

鬼塚本部長の辞職後の情報は出ていませんが、一般的に公務員が辞職した後は、公務員として再雇用されるか、民間企業に再就職といった形になることが多いらしく、1995年から警視庁に勤めている経験を買われ、警察組織か、警察以外のジャンルの公務員に再雇用されるかもしれません。

一方で、責務を果たせなかったというレッテルを貼られ、就職は難しい場合も考えられるでしょう。

まだ今後に関する正式な情報はなく、これらは憶測にすぎませんので鵜呑みにしないようにお願いいたします。