桶田敦のwikiプロフ!妻や家族構成も調査!

2022年6月26日、TBSの元解説委員で大妻女子大学の文学部の教授だった桶田敦容疑者(64)が準強制わいせつの疑いで逮捕されました。

桶田容疑者は、東京都千代田区内の自宅で、大妻女子大学の20代の女子学生の体を触ったとされています。

警視庁によりますと、桶田容疑者は「睡眠導入剤入りの酒を飲ませ、彼女がベッドで休んでいる時に体を触りました」と話し、容疑を認めているということです。

大妻女子大学は7月1日付で、桶田容疑者を懲戒解雇処分としています。

大学教授やテレビの元解説委員という肩書きからも分かるように、顔も広い人物だったようなので、各所で衝撃が起こっています。

今回逮捕された桶田敦容疑者は、一体どのような人物なのでしょうか。

桶田容疑者のwikiプロフが気になります。

また、妻や家族はいるのでしょうか。

そこで「桶田敦のwikiプロフ!妻や家族構成も調査!」と題して、記事をまとめていきます。

 

桶田敦のwikiプロフ!

桶田敦容疑者のプロフィールをまとめました。

名前:桶田敦(おけたあつし)

年齢:64歳(2022年7月時点)

学歴:早稲田大学 大学院 政治学研究科

住所:東京都千代田区一番町

2016年7月までTBSテレビ報道局で解説委員を務めた後、講師として様々な大学で講義を行い、2019年4月から大妻女子大学に文学部コミュニケーション文化学科教授として赴任します。

火山地質、リスク情報の伝達と受容に関する研究、メディア研究を専門としており、特に地震等の災害に関して造詣が深く、ここ数年は原発事故に関する論文や書評を多く執筆していました。

経歴などを調べると、桶田敦容疑者がとても立派な人物だという事が分かります。

それだけに、なぜこのようなことをしたのか、理解し難いですね。

 

桶田敦の妻や家族構成は?

桶田敦容疑者に妻や家族はいたのでしょうか。

調べてみましたが、妻の存在や家族の有無に関する情報は報道されていませんでした。

その他、SNS等を調べてみましたが、分かりませんでした。

年齢的には、家族、子供がいてもおかしくはないと思います。

しかし、犯行が桶田容疑者の自宅で行われたことから、自宅には一人で暮らしていた可能性が高いのではないでしょうか。

妻や家族がいないのか、または、家族がいたとしても別のところで暮らしていたと推測されます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「桶田敦のwikiプロフ!妻や家族構成も調査!」と題して、記事をまとめてみました。

2022年6月26日、TBSの元解説委員で大妻女子大学の文学部の教授だった桶田敦容疑者(64)が準強制わいせつの疑いで逮捕されました。

桶田容疑者は、東京都千代田区内の自宅で、大妻女子大学の20代の女子学生の体を触ったとされています。

桶田容疑者のwikiプロフをまとめてみると、とても優秀な人物であることが分かります。

また、妻や家族の情報は出ていませんでしたが、自宅で犯行が行われたことから、家族がいたとしても一緒には暮らしていなかった可能性が高いと思われます。

SNS上では、桶田容疑者はもちろんのこと、自宅についていく女子大生も問題との声もありました。

なんにせよ、教え子を狙って犯行に及ぶことは許されないですし、大学への信用も気になるところです。