岡山市でベトナム人技能実習生暴行の建設会社どこ?社名特定は?

2022年1月14日、岡山市内の建設会社で働いていたベトナム人技能実習生の男性が、職場で複数の日本人から繰り返し暴行を受けていた事実が報じられて話題となっています。

暴力行為は約2年間続き、ほうきなどで何度もたたかれたり、腹を蹴られてあばら骨を折るといった大けがも負っています。

ベトナム人実習生が実際に暴行を受ける動画も残されており、暴行があったことは明らかです。

一体、この暴行が行われていた建設会社とはどこなのでしょうか?

そこで、「岡山市でベトナム人技能実習生暴行の建設会社どこ?社名特定は?」と題して記事にまとめていきます。

 

岡山市でベトナム人技能実習生暴行の建設会社どこ?

ベトナム人実習生への暴行については、「山陽新聞デジタル」が報じました。

記事によると、暴行の被害にあった実習生は2019年秋頃から問題の建設会社で働き始めました。

実習生は日本語が不自由で、会社の人たちとコミュニケーションが上手くとれなかったといいます。

会社の人たちはこのことに怒り、実習生が入社してすぐに暴行を行うようになったと言うのです。

暴力行為はほうきで叩くいたり、殴る蹴るといった行為まであり、実習生はある時、あばら骨が骨折する大けがを負ったこともあったといいます。

実際にケガも負っていることから暴行に加えて傷害事件にもなっていて、暴行は2年間も続いていたというのが衝撃的ですね。

実習生が暴行される様子は動画に残っているので、暴行に関与した会社の人間は逃げられないでしょう。

一体、暴行(傷害)事件が発生した建設会社とはどこなのでしょうか?

 

岡山市でベトナム人技能実習生暴行の建設会社の社名特定は?

各報道を調べてみましたが、現在のところ問題となった建設会社の社名は公開されていません。

また、SNSや2ちゃんねる、爆サイなどの匿名掲示板を調べてみましたが、会社名をできる有力な情報は得られていません。

ただ、山陽新聞の報道では以下のような特徴があるとされています。

・事業内容は足場などの組立と解体

・従業員数は約10人

ネット上ではこれらの特徴から特定が進められています。

ただ、足場工事を請け負う建設会社は岡山市だけでも複数存在しているので、会社名を特定するための情報が不足しているのが現状です、

この建設会社について情報をお持ちの方は問い合わせフォームからお知らせ下さい。

 

岡山で暴行事件の会社を特定か?

暴行が起きた会社と思われる企業について、読者様から情報提供をしていただきました。

情報をいただいた会社についてストリートビューを見てみると、ホイストの位置や倉庫の色などといった特徴が、映像で映っていた会社と一致したことがわかりました。

ただ、あくまで第三者の方からの情報提供なので、現時点ではここでは社名について伏せさせて頂きます。

いただいた情報をもとに裏取りを進めて、確信が得られた段階でこちらで改めて掲載いたします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「岡山市でベトナム人技能実習生暴行の建設会社どこ?社名特定は?」と題して記事にまとめてきました。

2022年1月14日、岡山市内の建設会社で働いていたベトナム人技能実習生の男性が、職場で複数の日本人から繰り返し暴行を受けていた事実が報じられて話題となっています。

暴力行為は約2年間続き、ほうきなどで何度もたたかれたり、腹を蹴られてあばら骨を折るといった大けがも負ったということです。

ベトナム人実習生が実際に暴行を受ける動画も残されているので、暴行があったことは明らかでしょう。

岡山市でベトナム人への暴行が行われていた建設会社について調べてみましたが、現時点では特定できていません。

ただ、読者様からの情報提供によりヒントを得られています。

今後、確定した情報が分かり次第こちらで改めて掲載いたします。