岡山国際サーキット死亡事故の高知市バイクショップどこ?店名や経営者は?

岡山県美作市滝宮の岡山国際サーキットで2017年に起きた7人を巻き込む事故で、津山区検が2022年1月4日までに、バイクショップ経営の男性(50)を略式起訴として話題となっています。

運転していたオートバイからオイル漏れを起こし事故を誘発したとして、業務上過失致死傷罪に問われています。

一体、この岡山国際サーキット死亡事故のバイクショップはどこなのでしょうか?

店名や経営者は特定されているのでしょうか。

そこで、「岡山国際サーキット死亡事故のバイクショップどこ?店名や経営者は?」と題して記事をまとめていきます。

 

岡山国際サーキット死亡事故の高知市バイクショップどこ?

2017年に起きた岡山国際サーキット死亡事故で訴えられているバイクショップどこなのか調べてみましたが見つかりませんでした。

ネット上やSNSで噂になっているバイクショップすらなかったのでちょっと特定までは難しいとは思います。

あくまで私の予測ですが津山区検が経営者を略式起訴しているのでこの男性は津山市内でバイクショップを営んでいるのではないかと思います。

また岡山県ということもあり、そのサーキットに詳しい地元の人間に被害者の方たちが依頼していたのかもしれません。

記事では原動機とオイルタンクをつなぐ配管を誤った箇所に取り付けていたと報道されてきるのでバイクファンからは様々な意見が飛び交っている状態ですが罰金70万円の略式命令が出ているので少しは騒ぎは収まりそうです。

それにしてもここまで大惨事を招くことになってしまって本当に残念です。

この事件でバイクのイメージが下がらないことを願いたいです。

通常の整備でルールを守り運転していれば安全な乗り物であることは間違いないので。

 

岡山国際サーキット死亡事故のバイクショップの店名や経営者は?

バイクショップの場所がどこなのか判明していないため店名や経営者の名前も分かっていません。

報道ではバイクショップ経営の男性(50)という表記だけで終わっており、ネット上にもほとんど手がかりはありませんでした。

オートバイ7台が絡む大事故なだけあってもっと事が大きくなると予想していたのですぐに特定されると思っていたのですが。

個人店舗でひっそりと経営していたのかもしれませんが、ここまで情報が出回ってないのもなんか不思議ですよね。

しかし、報道では元ではなくバイクショップ経営の男性と表記されていたのでまだお店を営んでいる可能性は高いです。

また罰金と略式命令が出たことにより、今再度注目を集めているので今まで明らかになっていなかった個人情報が何らかの形で明るみになるかもしれませんね。

 

まとめ

いかかでしたでしょうか?

今回は「岡山国際サーキット死亡事故のバイクショップどこ?店名や経営者は?」について調べてみました。

簡潔に情報をまとめると岡山国際サーキッのト死亡事故で訴えられていたバイクショップの場所はどこなのか判明していません。

また店名や経営者が誰なのかもネットやSNS上にも載っておらず、重要な手がかりも見つからないままです。

和解や罰金などの判決が出て収束へ向かっているのでこのまま何も分からず仕舞いの可能性も十分に考えられますね。

今後さらに新しい情報が分かり次第追記します。