岡本邦孝のwikiプロフ!経歴や小林陵侑との関係は?

2022年2月6日、北京オリンピックのノルディックスキー・ジャンプ男子個人ノーマルヒルで小林陵侑選手が金メダルを獲得して話題となっています。

中でも、金メダルが確定した時に「岡本さ~ん、岡本さ~ん」と叫んでいたのが話題です。

発言がネット上で大きな注目を集めている。この「岡本さん」について調べてみると、岡本邦孝さんという人物だということがわかりました。

一体、岡本邦孝さんとはどのような人物なのでしょうか。

Wikipedia情報やプロフィールはあるのでしょうか。

経歴や小林陵侑との関係も気になりますね。

そこで、「岡本邦孝のwikiプロフ!経歴や小林陵侑との関係は?」と題して記事にまとめていきます。

 

岡本邦孝のwikiプロフ!

 

1963年生まれ。1994年株式会社 土屋ホーム入社。
企画広報部課長代理兼スキー部事務局長。
営業として入社後、支店長を経て2001年11月情報企画室立ち上げと同時にスキー部発足。以来スキー部事務局も兼任し葛西紀明氏をはじめ選手のマネージャーを務める。
ニコンのデジタル一眼レフカメラを愛用し、プロカメラマン級の腕を持つ。

スキージャンプは、アプローチと呼ばれる急傾斜面を滑り降りて助走し、そのまま角度の付いたカンテ(踏み切り台)から空中に飛び出し、滑空します。 写真撮影では、まず1本目のジャンプで、ジャンプ台横の階段(飛んでいく選手からの距離5~10m)で空中の飛型を撮影します。2本目のジャンプでは、ブレーキングトラックと呼ばれる減速区間(ジャンプを飛んだ選手が停止するための区間)からカメラを構えて、スタートから着地までを撮影します。

スタート地点からの距離は直線で200mくらいでしょうか。一瞬のシャッターチャンスを逃さないよう、しっかりカメラを構えて集中するように心掛けています。表彰式では選手の目の前でカメラを構えます。撮影した写真の確認もしますので、大会ではあらゆる距離にきちんとピントが合うことが特に大事ですね。

岡本邦孝の経歴は?

岡本さんが働いている土屋ホームとは、断熱効果が高い外壁を強みにしている、注文住宅を請け負う住宅メーカーです。

北海道札幌市に本社があり、東北・首都圏・甲信・北陸を中心に事業を展開しています。

岡本さんは、1963年生まれで土屋ホームに入社したのは1994年ということなので、入社時は31歳頃と推測できます。

31歳で新卒とは考えにくいので、おそらくどこか別の会社から転職というかたちで入社したのではないかと思われますが、詳しい経歴については情報がありませんでした。

一般の方なので、公に公表されることはないかもしれませんね。

 

岡本邦孝と小林陵侑との関係は?

2015年に高校を卒業した小林選手は土屋ホームに入社し、岡本さんがマネージャーを務めるスキー部に所属しています。

岡本さんと小林さんは、選手とマネージャーという関係なのでしょう。

小林さんは高校を卒業してすぐ地元である岩手県を離れ、北海道に本社がある土屋ホームに入社していることを考えると、まだ未成年で親元を離れた小林選手を、岡本さんは心配したのではないでしょうか。

岡本さんは小林選手を選手としてだけでなく、公私ともに支えてきたのだと推測できます。

金メダルが確定した瞬間に「岡本さ~ん」と叫ぶ小林選手の様子から、よっぽど慕っていたんだという様子が伝わってきますよね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「岡本邦孝のwikiプロフ!経歴や小林陵侑との関係は?」と題して記事にまとめてきました。

2022年2月6日、北京オリンピックのノルディックスキー・ジャンプ男子個人ノーマルヒルで小林陵侑選手が金メダルを獲得して話題となっています。

中でも、金メダルが確定した時に「岡本さ~ん、岡本さ~ん」と叫んでいたのが話題です。

発言がネット上で大きな注目を集めている。この「岡本さん」について調べてみると、岡本邦孝さんという人物だということがわかりました。

岡本邦孝さんとは、小林選手が所属する土屋ホームスキー部のマネージャーを務めています。

岡本邦孝さんの詳しい経歴までは情報がありませんでしたが、小林選手が岡本さんのことを慕っていることが伝わってきました。

小林選手を影ながら支えてきた岡本さんと、小林選手の今後の活躍も応援していきましょう。