ブッチャーブラザーズ岡博之が芸能プロ副社長に 「人望があるんだろうな」

森田健作氏の付き人として上京した岡博之氏

報道によると…

お笑いコンビ「ブッチャーブラザーズ」のリッキーこと岡博之氏(62)が、1日付で大手芸能プロダクション「サンミュージックプロダクション」の副社長に就任することが31日、分かった。この日、スポーツ報知の取材に応じ、「やらかしたな、この会社」と笑いを交え意気込みを語った。
岡氏は、今月で任期満了になる森田健作・千葉県知事(71)の付き人として上京。「君こそスターだ」でチャンピオンになり、81年に同社のお笑いタレント第1号としてコンビでデビュー。その後、取締役を務め、カンニング竹山(50)らを輩出した。

出典:スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/45e83733a897f632b5964b7b6439522e977e7b7d

岡博之氏の副社長就任に対する国民の声

国民の声:世代的に下で見たことないんだけど、アンタッチャブルがラジオでしきりに慕ってたのをよく覚えてる。人望があるんだろうなぁ。勝手に好いてます。

国民の声:非常に多くの人気芸人さんのデビューを手伝った人。サンミュージックはナイスな判断をしたと思う。所属タレントは彼が上にいるなら、と頑張れる。

国民の声アメトークで ブッチャーブラザーズの子供たち という回がありましたね。出演者がカンニング竹山、伊集院光、土田晃之、アンタッチャブル、ダンディ坂野、アンジャッシュと売れてる人ばかりでした。そこでいじられまくってるのを見ると、すごい人望があるんだろうな。

国民の声:カンニングが売れずにクビ切られそうになったとき、リッキーさんこと岡博之氏が反対して、一時「リッキー預かり」になってたことがあったらしいですね。その後カンニングは売れていく訳ですから、芸人を見る目が評価されたのかしら。

国民の声:サンミュージックは愛される芸人が本当に多い。カンニング竹山はキレ芸で知られるが実際は温厚な人で知られるし、ダンディ坂野や髭男爵や小島よしおなどはもはや一発屋ならぬ多発屋と言われるほどだ。最近ではメイプル超合金やぺこぱもお茶の間に定着している。良い意味でやらかしてる、もちろん誉め言葉です!

国民の声一昔前の東京のお笑い芸人さんはほぼこのブッチャーブラザーズのライブで鍛えられて世に出た人ばっかりというくらい凄い方ですって伊集院光さんやアンタッチャブルさんがアメトーークで語られてたよね。

国民の声:岡博之本人はどうか分かりませんが、全体的には良い方向なのではないでしょうか?現場を解る人(働いている、働いていた)が上にいないと企業は成り立ちません。個人的には事務方半分、現場半分が理想だと思います。天下りは・・・遠慮したいです。サンミュージックはそれに気づいている企業ではないでしょうか?

国民の声:リッチャーブラザーズの岡博之は元々ライブ中心で活動していたからテレビ的知名度がないだけなのね。それ以上に若手を見出す「伯楽」としての実力が高い訳で、ある意味サンミュージックからすれば妥当な人事ということな訳ね。

出典:ヤフーニュース

Name
カンニングの竹山さんが以前アメトークで、カンニングがサンミュージックをグビになるのをリッキーさんのおかけで引き止めてもらったって言ってましたね。はじめて顔写真見ましたが芸人からの人望があるからこそこのポジションになれたのかもしれないですね。

Twitterの反応

編集部より一言

大学で講師をつとめていて生徒の人望も厚く、サンミュージックでは後輩芸人の面倒みもよく人望が厚い、だから副社長に抜擢されたのでしょう。

芸能プロダクション「サンミュージックプロダクション」副社長に就任するブッチャーブラザーズ岡博之
話題のニュースの最新情報をチェック!