小倉めぐみ(作詞家)の死因と顔画像|wiki経歴と家族(夫+子供)|代表作品

  • 2021年10月12日
  • 2021年10月12日
  • 訃報

2021年10月12日、南野陽子さんの「はいからさんが通る」やSMAPの「がんばりましょう」など、多くのヒット曲を手がけた作詞家の小倉めぐみさんの訃報が入ってきました。

小倉さんは9月14日に死去されていたそうです。年齢は61歳とその早すぎる死に悲しみの声が広がっています。

小倉めぐみさんについてご紹介します。

小倉めぐみの死因

小倉めぐみさんの死因についてみていきます。

訃報に関する記事を調べてみましたが、死因については報道されておらずわかりませんでした。

ですが、最近は体調を悪く創作活動などは休止していたという情報も中にはあります。何か病気を患ってたのでしょうか。

今後詳細がわかりましたら掲載します。

小倉めぐみの顔画像

小倉さんはどのような方だったのでしょうか。

顔写真も公になっているものはほとんどないようです。

かなり古いものになりますが南野陽子さんの横にいらっしゃる方が小倉めぐみさんのようです。

小柄で可愛らしい方ですね。

最近は活動についても休養していたため、最近の小倉さんの姿は公にはなっていません。

小倉めぐみのwiki経歴

名前:小倉めぐみ

生年月日:不明(61歳)

出身:不明

職業:作詞家

小倉めぐみさんについてWikipediaの情報もなく、生年月日やプライベートや経歴に関する情報はほとんどネット上に出回っていませんでした。

詳細が分かり次第、掲載していきます。

小倉めぐみの家族(夫と子供)

小倉めぐみさんのプライベートについてみていきます。

結婚やお子さんについての情報も出回っていないため不明です。

ただ、61歳という年齢的には結婚をして子どもがいた可能性がありますね。

葬儀のニュースなどが入れば今後、ニュース等で公になるかもしれません。分かり次第、掲載していきます。

小倉めぐみの代表作品

小倉さんの代表作品はどのような曲があったのでしょうか。作品は代表的なものだと以下のものがあります。

SMAP…「がんばりましょう」「たぶんオーライ」「正義の味方はあてにならない」
南野陽子…「楽園のDoor」「秋からも そばにいて」「はいからさんが通る」

SMAPや南野陽子さんのファンの方は多くの楽曲で小倉さんの詩に触れているのではないのでしょうか。

ファンでなくても聞いたことがある方は大勢いらっしゃると思います。

素敵な曲をたくさん生み出していただいた小倉さん。ご冥福をお祈りいたします。

ネットの反応

国民

まだ、お若いのに。作品の楽曲は、残ります。素晴らしい作品を、ありがとう。合掌。

国民
初期のSMAPの曲を沢山手掛けた作詞家さんですね。姫ちゃんのリボンのエンディング曲「君は君だよ」、シングル2曲目の「正義の味方はあてにならない」などなど。
国民

今の時代、61歳はまだまだ若いよね……作詞家は表に出てパフォーマンスする職業ではないが、歌手にとっては、自分の歌手活動を左右するほどの影響力を持つ【言葉のプロ】だ。事実、小倉めぐみさんが手掛けた【がんばりましょう】にも沢山沢山、励まされたよ。

国民

個人的には南野陽子さんの「楽園のDoor」が印象深い。作品が発表されて30数年たちますが、未だに歌詞の表現の素晴らしさに感じ入る1曲です。ご冥福をお祈り申し上げます。

国民

体調が優れなく、休業されていたのは知っていましたが、まさかお亡くなりになってしまうとは、、、。いつか、新しい作品でナンノにレコーディングして欲しいと思っていた素晴らしい作詞家さんでしたので、とてもショックです。

国民
中学生の頃、ナンノちゃんのファンで、小倉さんの作詞した曲をたくさん聴き、たくさん歌いました。
どれも本当に素敵な歌詞でした。素敵な曲を有難うございました。青春の思い出です。
ref:_00Dd0eHCX._5003o1URuSV:ref