明石市立衣川中学校の暴言男性教師は誰?名前と顔画像特定は?

2022年3月14日、神戸新聞が明石市立衣川中学校での男性担任教師による暴言問題が大きく話題となっています。

報道によると、2021年秋に男子生徒の父親が亡くなった後に男性教諭からの暴言で不登校となったといいます。

とんでもない教師ですよね。

一体、明石市立衣川中学校の暴言男性教師は誰なのでしょうか?

名前と顔画像は特定されているのでしょうか?

そこで、「明石市立衣川中学校の暴言男性教師は誰?名前と顔画像特定は?」と題して記事にまとめていきます。

 

明石市立衣川中学校の暴言男性教師は誰?

一体、今回問題となっている男性教師は誰なのでしょうか。

報道によると、問題の教師は被害にあった男子生徒の担任です。

男子生徒たちが修学旅行に出発する予定だった10月13日早朝に生徒の父親が自宅で倒れて亡くなり、担任は通夜に出席したといいます。

忌引開けに登校した時に修学旅行についてまとめる授業があったものの、生徒は父親が亡くなった姿を思いだして書くことができなかったのです。

生徒が「書くことがない」と話すと、担任はあろうことか「書くことがないことはないやろ」「おまえにとって修学旅行はそんなもんやったんか」と怒りだしたというのです。

父親がなくなったにも関わらずそのような言葉を浴びせられて、暴言を目撃した生徒の間にも衝撃が走ったようです。

 

明石市立衣川中学校の暴言男性教師の名前と顔画像特定は?