ノルウェー:弓矢事件犯人の名前と顔画像|凶器は何?コングスベルグ

  • 2021年10月14日
  • 2021年10月15日
  • 殺人

2021年10月13日、ノルウェー南東部コングスベルグ(Kongsberg)で、弓矢で武装した男が人々を襲って死傷者が出たという事件があり、話題となっています。

この犯人は何者で、犯行に使われた凶器は何なのでしょうか?

報道の概要

AFP=時事は以下のように報じています。

ノルウェー南東部コングスベルグ(Kongsberg)で13日、弓矢で武装した男が人々を襲い、5人が死亡、2人が負傷した。容疑者の男は逮捕された。警察が明らかにした。

事件は午後6時半(日本時間14日午前1時半)ごろ、市内数か所で発生。地元警察は記者会見で、事件は単独犯によるものと説明した。犯行の動機は不明だが、警察はテロの可能性も排除できないとしている。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/556dfceef171cd7f33eaea11f33697d85153d71b

 

 

ネットの反応

国民

普通に恐ろしい事件だわ。
使った凶器が何であれ、許されることじゃないな。

国民
武器がどんな物でも殺そうという意思があれば何人かは殺せるだろうね。
そういうのが簡単に手に入るのが問題だし人を殺めようと考える思想も問題。
みんなそれぞれ一生懸命生きているんだけどね。
国民
海外だと狩猟用のコンパウンドボウ
とか、コンパウンドボウガンが
入手しやすいと思います。
国民

アーチェリーで近射って数メートル先の畳に撃つ練習するんだけど、畳3枚は貫通してたからね。
簡単に人は殺められる道具だね。

国民

欧米ではたまにあるよな、ボウガン使った犯罪が。北欧とか。大抵、対人なんだけれど多分入手しやすいのだろう。日本でもようやく所持禁止、許可証扱いになって良かったと思う。

国民

まだ背景がよくわからないが、宗教テロでないことを祈るわ。でないと、模倣犯が増えるからな。

出典:ヤフーニュース

ノルウェー:弓矢事件犯人の名前と顔画像|凶器は何?

日本の報道では、犯人に関する情報があまり出ていません。

犯人について調べてみると、以下の情報を確認できました。

A 37-year-old man has been arrested and charged after five people were killed and two injured in a bow and arrow attack in the Norwegian town of Kongsberg on Wednesday.

出典:https://www.cbc.ca/news/world/norway-attack-bow-arrow-1.6209668

上記の通り、弓矢による襲撃を行った犯人は37歳の男でした。

犯人の国籍はデンマーク人で、事件が起きたコングスベルグに住んでいたと報道されています。

ただ、犯人の顔画像は明らかになっておらず、名前は警察も特定できていないということです。

 

ノルウェー:弓矢事件犯人の凶器は何?

ネット上では犯行に使われた凶器も注目されています。

日本の報道では「弓矢」と表現されていますが、これに対して「ボウガンではないか?」という指摘が出ています。

犯行に使われた凶器に関して海外の報道を調べたところ、以下の情報を確認できました。

According to police, the suspect walked around downtown Kongsberg shooting arrows. Aas declined to comment on reports that the man used a crossbow, saying only that there were “several crime scenes.”

出典:https://www.cbc.ca/news/world/norway-attack-bow-arrow-1.6209668

 

【和訳】

警察署長であるAasは、男性がクロスボウを使用したという報告についてはコメントを避け、「いくつかの犯罪現場」があったとだけ述べた。

という報告を否定した。

 

ボウガンは和製英語で英語圏では「クロスボウ」(crossbow)と表現します。

ただ、上記をみると、犯行に使用された弓矢について、現地の警察署長はクロスボウかどうかのコメントを避けています。

ただ、現地の新聞は、木製パネルの建物の壁に刺さっているように見える矢の画像を示しています。

警察署長がコメントを避けた理由は、捜査に支障をきたすためという可能性もあり、現段階ではクロスボウが実際に使われたかどうかは判断ができません。署長は「いくつか犯行現場があった」と述べていて、クロスボウが実際に使われた場所もあった可能性は否定できません。

ref:_00Dd0eHCX._5003o1URuSV:ref