カップヌードルの残ったスープを「固める」パウダー 日清の開発に「登山の時に便利」

日清食品が小林製薬と共同でパウダーを開発

報道によると…

日清食品は3月29日、小林製薬と共同で「カップヌードル 残ったスープ固めるパウダー」を開発したことを発表した。

「カップヌードル 残ったスープ固めるパウダー」は、カップヌードルの残ったスープに入れて約10秒かき混ぜたあと、しばらく置いておくとスープが固まるアイテム。固まったスープは、容器と一緒に燃えるゴミとして捨てることができる。なお、パウダーや固まったスープは食べられない。

出典:食品産業新聞社https://news.yahoo.co.jp/articles/46f8c471ee8048238a85dda7b5f9b9c71349d907

残ったスープを固めるパウダーに対する国民の声

国民の声コンビニの冷やし中華で残り汁の処理に困ることが多い。日清はカップ麺に限らず、他製品にも応用してほしい。

国民の声:わかります。駐車場とかには捨てれないので、頑張って飲み干してました。少量とはいえ、しょっぱ酸っぱいのとカラシの辛さがきついですね。

国民の声:カップラーメンの汁は脂分が多いので台所やトイレに流してしまうとその油の処理のためにその何倍もの水が必要になると聞いたことがあります。また流しきれなくて固まった油が排水溝に残って詰まりの原因になることもあるそうです。自分はキッチンペーパーに吸わせて燃えるゴミとして出すようにしています。

国民の声登山するんですが、山頂でカップラーメン食べた後の汁にいつも困ってました。頑張って飲むと、下山中に喉乾くし、時にはお腹くだすこともありました。これは本当にありがたいです。

国民の声:少しのことかもしれないけど、残りのスープを排水口に投棄するのは抵抗があった。環境的なこともあるけど、やはり脂が排水溝のどこかで固まり、徐々に塞いでいくのだろうなぁと思ってた。こういう事こそいろんな企業が、我も我もと広めてほしい。さすがです。日清。

国民の声なぜ今までなかったのか・・・!!という程の重要な発明ですね。食べることの利便性は追求されているけど、捨てる方法は考慮されてなかったと。SDGs的には必須ですね。10円値上がりしてもいいからカップ麺にデフォルトで添付する感じですね。

出典:ヤフーニュース

Twitterの反応

編集部より一言

無償で配布とはさすが日清。いずれすべてのカップ麺に添付されるよう願います。

話題のニュースの最新情報をチェック!