西村賢太の目のこぶは病気?死亡との関係はある?

  • 2022年2月5日
  • 2022年2月6日
  • 訃報

芥川賞受賞者の西村賢太(54)さんが、2022年2月5日に亡くなりました。

死因については、まだ詳しい内容はわかっておりません。

ただ、4日の夜に乗車中のタクシー内で体調を崩され、都内の病院に搬送されたそうです。

2011年に「苦役列車」で芥川賞を受賞され、一躍有名作家になられました。

作家として活躍しながら、テレビやラジオにも出演されて、まだまだ活躍が期待される矢先での死亡となってしまいました。

西村賢太さんは、右目にこぶがありますが、今回の死亡について関係があるのでしょうか。

そこで、「西村賢太の目のこぶは?死亡との関係はある?」と題して、記事をまとめてみました。

 

西村賢太の目のこぶは病気?

西村賢太さんには、右目の目尻あたりにあるこぶがあって、とても印象的な方です。

こぶのように腫れていることから、悪性の腫瘍や、脳動脈瘤ではないかと噂されていました。

こぶの正体は、「アテローム」と言われ、本来剥がれ落ちるはずの角質や皮脂が剥がれ落ちずに皮膚内にたまってできたものになります。

治療することが可能で、表面の皮膚を少し切り内部に溜まった膿を出す方法があります。

ただ、必ずしも切除しなければいけないわけではなく、痛みなど気にならないならば、放っておいても問題はありません。

そのため、西村賢太さんは飾らない方でしたので、目にできたこぶも気にされずにそのままにしていたのではないでしょうか。

 

西村賢太の目のこぶと死亡との関係は?

西村賢太さんの死亡原因について、発表されていませんが目の近くにできたこぶに原因があったのでしょうか。

目のこぶについて、調べたところ「アテローム」と言われる良性の腫瘍で、ほとんど悪性化することがないことがわかりました。

そのため、目のこぶによって亡くなられたとは考えにくいことがわかりました。

西村賢太さんは、ヘビースモーカーであり、お酒もよく飲まれる方でした。

健康に気を使う方ではなかったため、生活習慣病によるのが原因ではないかと推測されます。

生活習慣病は、食事や運動、休養、喫煙、飲酒などの生活習慣が深く関係していて、がんや心臓病、脳卒中を引き起こす原因となります。

西村賢太さんの生活ならば、がんや心臓病、脳卒中を引き起こしてもおかしくはなかったのではないでしょうか。

>>西村賢太さんの死因や持病についてはこちらの記事をご確認ください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「西村賢太の目のこぶは?死亡との関係はある?」と題して、記事をまとめてみました。

芥川賞受賞者の西村賢太(54)さんが、2022年2月5日に亡くなりました。

死因については、まだ詳しい発表はありません。

ただ、4日の夜に乗車中のタクシー内で体調を崩され、都内の病院に搬送されたと報道されています。

西村賢太さんには、右目の目尻あたりにあるこぶがあって、とても印象的な方です。

目のこぶは何なのか、死因に関係があるのか調べてみたところ、こぶの正体は、「アテローム」と言われ、本来剥がれ落ちるはずの角質や皮脂が剥がれ落ちずに皮膚内にたまってできたものになります。

そのため、目のこぶによって亡くなられたとは考えにくいことがわかりました。

西村賢太さんは、健康に気を使う方ではなかったため、生活習慣病によるのが原因ではないかと推測されます。

今後、詳しい死因が分かり次第、掲載いたします。