日本製鉄セクハラ社員が判明!イニシャルMの採用責任者,LINEの内容は? !

日本製鉄で明らかになったセクハラ事件で、新たなことがわかりました。デイリー新潮に女性がインタビューに答えて、被害の状況を話したのです。女性のインタビューによると、セクハラの加害者となった人事担当社員はMというイニシャルです。面接試験の面接官で、採用の責任者だったのです。

日本製鉄のセクハラ加害者のイニシャルはMと判明

報道によると…

被害者は31歳の女性。職業訓練学校で資格を取り、昨年、日本製鉄の東日本製鉄所(茨城県鹿嶋市)の採用試験に応募した。昨年11月に行われた1次面接の面接官が“加害者”だ。

「面接官3人のうちの一人がMさんでした。一番の年配で、採用の責任者のように見えました」

と、女性が打ち明ける。彼女は翌12月の2次面接を経て合格、今年5月の入社が決まった。

「入社するまでの事務連絡は、Mさんとやり取りしていました。4月2日にMさんの私用のケータイからメッセージが入り、プライベートのラインの交換を持ちかけられて……。Mさんの機嫌を損ねたくなかったので、それに応じました」

一線を…
早速、M氏から〈入社したら、お酒でも飲みにいきましょう〉とメッセージが届いた。それからも、社員寮に関する事務連絡などと併せて、〈休み取れたら、朝からず~っと会えますか?〉〈Hしてもいいですか〉といったセクハララインが送られてくる。

そして今年4月。女性はラブホテルに連れ込まれた。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/c0ff4cbccf3d16b7d1371174748b59c43f2a9c10

日本製鉄のセクハラ被害にあったのは、31歳の女性です。

職業訓練学校で資格をとったあと、2020年秋に実施された中途採用の面接にのぞみました。

 

その時の面接官が、今回のセクハラ事件の加害者でした。

加害者はイニシャルがMで、面接の時にいた3人のうち一番年上だったことがわかっています。

 

採用試験に合格した後、被害女性のもとには、Mさんから連絡が入ります。

入社までの事務連絡をしていましたが、LINEの交換を迫られたといいます。

 

すると、執拗にラインが来て、お酒に誘われたり、ラブホテルで男女の関係となったそうです。

女性はMに対して好意などなかったはずなのに一方的に行為を迫られて、嫌でしたでしょうね。

 

でも、Mが採用担当で入社後の処遇などを考えると断るに断れなかったのでしょう。

このような女性が被害に会うケースというのは、特に大手企業では多いようです。

 

今回の事件を受けて男性は懲戒解雇をされています。懲戒解雇は当然ですが、被害にあった女性からしたら精神的苦痛を受けて今もなお仕事ができていません。

 

より重い罪を課されてもいいくらいでしょう。

 

日本製鉄のセクハラ事件に関してはこちらの記事もご覧ください。

関連記事

大手企業でスキャンダルが明らかになりました。日本製鉄の東日本製鉄所鹿島地区の人事担当男性社員が、今年5月に入社予定だった女性に性的関係を迫る不適切行為をしていたことがわかりました。男性社員は懲戒解雇されました。男性社員の顔、Facebook[…]

 

日本製鉄のセクハラ加害者Mのプロフィール

名前:イニシャルM
年齢:年配(40代後半~50代後半?)
住所:不明
職業:日本製鉄の人事担当者(採用担当責任者?)
容疑:セクハラ

日本製鉄でセクハラをしていた男性社員は、イニシャルがMです。Mであれば、松原や松本、村上などが思い当たります。

 

被害女性によると年齢は上の方だったいうことで、人事担当ということを考えると40代~50代の男性なのではないでしょうか。

 

年配の男性であれば、職場では管理職的な立場で仕事を任されており、

家庭では妻や子どももいるかもしれません。家庭を持っていたとしたら、なおさらセクハラ事件など犯してほしくなかったです。

 

また、貴重な声として下記の声がありました。

日本製鉄は2012年に新日本製鉄と住友金属工業が合併し、誕生しています。

上記のツイートは新日鉄製鉄のNのことをさしていると思われます。

銀行などでもよくありますが、出身母体をイニシャルで表現したりののしり合うのはよくありますね。

日本製鉄のセクハラ加害者MのLINEの内容は?

日本製鉄でセクハラ事件を犯したイニシャルMの人事担当は、被害女性に対してしつこくLINEをしていました。

 

その中身は、「休み取れたら、朝からず~っと会えますか?」「●してもいいですか」など、明らかにセクハラな内容だったといいます。

 

また、肉体関係を持った後も昼夜を問わずLINEをしてきて、

自分に採用や人事に関する権力があるということを誇示する内容もあったといいます。人事の力をちらつかせて、女性が反抗しないようにしたわけですね。

 

この話から考えると、かなり悪質なセクハラ事件だったと言わざるとえません。

日本製鉄のセクハラ加害者Mの顔写真

話題のニュース編集部で顔写真やプロフィール画像など本人の画像を探してみましたが、
現段階ではどのメディアも報道していませんでした。

 

現在では顔写真はわかりませんでしたが、情報を入手出来次第更新していきたいと思います。

日本製鉄のセクハラ加害者MのFacebookは?

こちらの方でFacebook上の名前検索を行ったり、該当する情報から調べて特定を試みました。

 

ただ、現状として該当人物に関するFacebookの情報はわかりませんでした。

 

今後、話題のニュースでの調査で分かり次第、追って掲載したいと思います。

ネットの反応

国民

採用担当やっていますが、この事件が起こる前から、他部署の社員から「採用やると出会いがあるんでしょ」「無理言って学生いうこときかせているんじゃないの」って聞かれることが度々あってうんざりしていたのですが、本当にやる奴がいるとは思いませんでした。

全く何を勘違いしているんだか、この日本製鉄の人事といい、この間の近鉄の人事といい、本当にいい迷惑。

国民
実はこういう風に迫られた時点で立場逆転していて、この人を生かすもどうにかするのもあなた次第なのよって、被害者の人に教えたくなる。これからはいる会社だと告発するの躊躇するかもしれないけど、こんなことする人、社内でも嫌われていて、告発した事みんなに感謝されるから大丈夫だよ、と。
国民
氷山の一角だとは思う。
しかし、今はスマホならスクショできるし、電話も録音できるし、携帯電話もボイスメモにもなる時代。このおじさんも危機管理がなさすぎたわな。
今までやりたい放題だったおじさんたちもバレれば懲戒解雇。そろそろ、会社では真面目に仕事だけをする時代になってきたんじゃないか。
国民
冷静に考えたら一次面接にいる人間が責任者であるわけがないんだよな。
人事が最も忙しい4月に女性に熱を上げている時点でお察しよ。しかし、まぁ行動力のある窓際社員は無害じゃなくて有害やな…
国民
会社からしたら本当の反省なんてなく、採用担当者にたいして
「下手を打ちやがって」程度なんでしょうね。
本当に反省しているなら、採用担当者をもっと管理するって。
国民
被害女性は会社へ賠償請求すべきです。精神的苦痛と人事部にパワハラする人物を担当者にしていたんだから管理責任をとうべきだ。
苦痛が増えて大変だと思うが働けなければ収入もなく生活できないでしょう。
異常者を擁護する弁護士はもっと弱者保護するべきです。
当然会社へは充分な額を払って貰うべき責任がある。