新破産者マップ2022のURLや見方は?見たいアドレスを紹介!

2022年6月20日に「新・破産者マップ」の問題が取り上げられたため、そのことが現在話題となっています。

破産者マップは2019年にも存在していましたが、運営者が裁判にかけられており、その後は閉鎖されていました。

3年ぶりに復活した、「新・破産者マップ2022」とはどんな内容なのでしょうか。

新破産者マップのURLや見方、見たいアドレスについてなども気になりますよね。

そこで今回は、「新破産者マップ2022のURLや見方は?見たいアドレスを紹介!」と題して記事をまとめていきます。

 

新破産者マップ2022のURLや見方は?

まずはじめに、新破産者マップ2022のURLや見方について調査をしていきます。

ネット上やSUMMERで、新破産者マップについて検索をかけ、調査をしていくと、ある、URLに辿り着きました。

https://www.hasanmap.×××/

※このサイトには個人情報が記載してあるため、一部URLを伏せさせて頂いております。

実際のサイトには、Googlemapをオマージュしたものと思われる地図が載っており、2009年から2019年までのデータが載っています。

そこには自己破産した方の名前と住所が記載されており、削除するにはある条件が必要とのことです。

それはビットコインと言われる仮想通貨で6万円支払う事です。

サイトの運営者に支払う事で、自分の情報を削除することができ、ピン表示自体を削除したい場合は更に6万円かかっていきます。

見方に関しては、西暦の欄から見たい年度をクリックし、地図上に表示されている都道府県や国をクリックします。

すると、数字の書かれた表示があるため、そこをクリックしていくと、自己破産者の個人情報が出てきます。

 

新破産者マップ2022の見たいアドレスは?

前の見出しでは、新破産者マップ2022のURLや見方についてまとめていきましたが、ここからは見たいアドレスについて調査していきます。

URLの情報に関しては、一部伏せてはありますが前見出しに載せさせていただいたため、ここではIPアドレスを見ていこうと思います。

ちなみにですが、2021年には2018年から2019年までの間に存在していた破産者マップが提訴されたことで、裁判所がIPアドレスを仮提示していました。

そのため、現時点ではまだ事件化されていないのでIPアドレスは開示されていません。

ですが、今回の新破産者マップ2022も以前同様に提訴されるようなことがあれば、明らかになるかもしれませんね。

海外に拠点があるということは、個人情報保護法が及ばないという事になりますが、日本語で記載もされているため、その点が気になりますね。

今後事件化したり、大きく報道される可能性もあるため、引き続き調査を続けていきます。

 

まとめ

今回は、「新破産者マップ2022のURLや見方は?見たいアドレスを紹介!」と題して記事をまとめていきました。

個人名や住所をマップ上で開示し誰にでも見られるようにして、金儲けをしようとしている運営者。

それによって、被害を受けた方々は近所付き合いなどにも支障が出たり、精神的にもダメージが出てしまうかもしれません。

実際に、新破産者マップ2022のURLや見方についても調査をしていきましたが、簡単に閲覧することが出来る仕様になっていました。

見たいアドレスを紹介との見出しでもまとめていきましたが、現在わかっていることとしては、URLと海外に拠点がある、ということでした。

この新破産者マップが仮に閉鎖されても、類似サイトがまた出てきてしまう可能性があるため、取り締まりをもっと強化してもらいたいものです。