那須サファリパーク内山泰希さんの現在は?過去のライオン事故被害者を調査!

1月5日、那須サファリパークの飼育員がトラに襲われるという事件が発生し大きな話題となっています。

過去にも同じように飼育員が動物に襲われる事故は何件か起きています。

その中でも特に飼育員の内山泰希さんがライオンに襲われた事件は衝撃的でした。

那須サファリパークで働いていた内山泰希さんの現在は?

過去のライオン事故被害者についても調べていこうと思います。

そこでこの記事では「那須サファリパーク内山泰希さんの現在は?過去のライオン事故被害者を調査!」と題してまとめていきます。

 

那須サファリパーク内山泰希さんの現在は?

那須サファリパークで働いていた内山泰希さんの現在について調べたところ、何をしているのか具体的な情報は見つかりませんでした。

しかし、事件が起きた1997年に21歳でしたので2022年現在は46歳になる年齢です。

今は一体どこで何をしているのでしょうか。

またFacebookやツイッターなどのSNSもやっていないようなので第三者が個人で特定するのは厳しそうです。

今までライオンに襲われて生存している方のほとんどが口を揃えてあれ以来ライオンは苦手になったと語っているので内山泰希さんも同様、相当なトラウマを抱えているのかもしれません。

正直私だったら絶対にライオンとは一生関わりたくないと思ってしまいますし。

なので動物に携わる仕事ではなく、何か違う仕事をしてひっそりと暮らしているのではないでしょうか。

しかし、今回の事故がきっかけで内山泰希さんも注目を集めているのでもしかすると今後メディアの取材などで色々明らかになっていく可能性もなくはないですね。

 

那須サファリパーク過去のライオン事故被害者を調査!

過去のライオン事故被害者を調査したところ、那須サファリパークでは1997年と2000年にも飼育員がライオンに襲われる事故が起きています。

その際は、ライオンの檻を清掃していた飼育員がライオンに襲われ、爪が肺に達するほどの深い傷を負っています。

本来の清掃では2人がかりでライオンは別の檻に移動させるのですが、事故当時は清掃にあたっていたのは飼育員とその施設を訪れていた実習生ということです。

この事故では内山泰希さんが襲われており、内容通りかなりの重傷を負っていたようです。

過去の事故の今回同様、現場の管理体制に問題があったようです。

普段は温厚で慣れ親しんでいる環境にいるライオンがここまで人間に牙をむくとは本当にゾッとしてしまいます。

人間が信頼していると思っていても動物はそう思っていない可能性だって十分にありえますのでライオンに限らず、動物と接する時はどんな状況でも慎重に行うべきなんだと今回の事故を通して再認識しました。

>>2022年1月5日に発生した事故の被害者が誰なのかはこちらをご確認ください。

 

まとめ

いかかでしたでしょうか?

今回は「那須サファリパーク内山泰希さんの現在は?過去のライオン事故被害者を調査!」について調べてみました。

簡潔に情報をまとめると那須サファリパーク内山泰希さんの現在の安否は不明。

過去のライオン事故被害者を調査すると、今回の事故と同様悲惨な内容でした。

またどちらも管理体制に何らかの問題があると言われています。

今後さらに新しい情報が分かり次第追記します。

>>2008年に京都市動物園で発生したトラの事故についてはこちらをご確認ください。