川村直医師のFacebookと顔画像!経歴や大学を調査!

2022年3月13日に、鳥取大学医学部附属病院の研修医で米子市に住む川村直容疑者(37)が建造物侵入の疑いで逮捕され話題となっています。

川村直容疑者自身が勤務している、病院の職員用女子トイレに侵入した疑いが持たれています。

また、病院関係者から「トイレ内にカメラのようなものがある」と警察に通報したことで、事件が発覚したようです。

警察の取り調べに対して、川村直容疑者は容疑を認めています。

研修医で医者である川村直医師の顔画像やFacebookが気になりますよね。

それと、どのような経歴の持ち主で、通っていた大学はどこなのでしょうか。

そこで、「川村直医師のFacebookと顔画像!経歴や大学を調査!」と題して記事をまとめていきます。

 

川村直医師のFacebookと顔画像!

このような事件を犯した川村直容疑者の顔画像やFacebookについて気になります。

こちらの方で各報道で確認したり、名前検索を行うなど、該当する情報から調べて特定を試みました。

顔画像に関して、現状として該当人物について公開されておらずわかりませんでした。

また、鳥取大学医学部附属病院のホームページも確認してみましたが、川村直容疑者に関する情報を見つけることはできませんでした。

Facebookで川村直容疑者のアカウントを検索したところ、同姓同名のアカウントが多数あることがわかりました。

その中に、2015年4月〜鳥取大学医学部医学科に在籍中となっているアカウントが見つかりました。

調べたところ、研修医になるためには、6年制の医学部医学科を卒業する必要があることから、卒業していれば2021年4月から研修医として働いていてもおかしくはありません。

上記のことから、川村直容疑者と共通する部分がありますが、断定はできないため憶測に過ぎません。

しかし、事件が大きくなれば今後別の報道やSNS、匿名掲示板などで公開される可能性があります。

今後新しい情報が入りましたら掲載いたします。

 

川村直医師の経歴や大学は?

川村直容疑者の研修医になるまでの経歴や、通っていた大学がどこなのか調べてみました。

鳥取大学医学部附属病院の研修医として、医者を目指していたとみられる川村直容疑者の経歴や大学について調べてみましたが、見つけることが出来ませんでした。

37歳で研修医として鳥取大学医学部附属病院に勤務していた、川村直容疑者は医者を目指したのが遅かったのでしょうか。

早い方で、大学で6年学び医師免許取得後、2年ほどの研修期間を経て医者として働くようです。

ただ、簡単になることができる職業ではないため、多くの苦労はあったと思われます。

そのため、先ほどのFacebookのアカウントの学歴を見てみると、時間軸などを考えると、容疑者の可能性が高いのではないでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「川村直医師のFacebookと顔画像!経歴や大学を調査!」と題して記事をまとめてみました。

鳥取大学医学部附属病院の研修医で米子市に住む川村直容疑者(37)が建造物侵入の疑いで逮捕されました。

川村直容疑者は、自身が勤務している病院の職員用女子トイレに侵入した疑いが持たれています。

また、病院関係者から「トイレ内にカメラのようなものがある」と警察に通報したことで、事件が発覚したようです。

川村直容疑者の顔画像やFacebookについて調べてみました。

顔画像に関して、現状として該当人物について公開されておらずわかりませんでした。

Facebookで川村直容疑者のアカウントを検索したところ、同姓同名のアカウントが多数あることがわかりました。

37歳で研修医として働いていた、川村直容疑者の経歴あ大学について調べてみましたが、見つけることが出来ませんでした。

しかし、事件が大きくなれば今後別の報道やSNS、匿名掲示板などで公開される可能性があります。

今後新しい情報が入りましたら掲載いたします。