中山洋一郎が強制わいせつで逮捕?顔画像や経歴を調査!

「きゃらきゃらマキアート」の原作担当者が、小学生女児に対する強制わ※せつ等の事件で逮捕されて、有罪判決が確定したと話題となっています。

その原作担当者について調べてみると中山洋一郎氏であることがわかりました。

一体、中山洋一郎氏とはどのような人物で、経歴や顔画像はあるのでしょうか。

そこで、「中山洋一郎が強制わいせつで逮捕?経歴や顔画像を調査!」と題して記事にまとめていきます。

 

中山洋一郎が強制わいせつで逮捕?

2021年12月13日、講談社(東京都文京区)が少女漫画雑誌「なかよし」で連載していた作品の連載終了を発表しました。

発表によると、2作品の共同著作者「きゃらきゃらマキアート」の原作担当者が、小学生女児に対する強制わいせつ等の公訴事実で、有罪判決が確定したためだというのです。

そのきゃらきゃらマキアートの原作担当者を調べたところ、中山洋一郎氏であることがわかりました。

発表によると、この「きゃらきゃらマキアート」のうち、主に原作を担当していた著者が、20年春から夏にかけて起こした強制わいせつ等の事案で逮捕・起訴されていたといいます。

20年11月25日には小学生女児に対する強制わいせつ等の公訴事実で懲役 3 年執行猶予5年(付保護観察)の有罪判決を受け、被告人本人は控訴せず判決が確定したとしているのです。

 

中山洋一郎の顔画像や経歴を調査!

中山洋一郎 強制わいせつ 逮捕 顔画像 経歴

2013年の京都新聞で中山洋一郎氏と妻の中山麻貴さんが紹介されていました。

イラストを担当していたのはMakiさんで、本名は中山麻貴さん。

中山洋一郎氏は現在45歳で、中山麻貴さんは35歳です。

2人とも京都府出身で、中山洋一郎氏は大阪の大学に通っていました。

2006年頃から活動を始めて、2014年に「合同会社きゃらきゃらマキアート」を法人化しています。

所属イラストレーターはMakiさんだけだったようで、夫婦で協力して活動を続けていましたが、中山洋一郎氏の強制わいせつ罪で突然の活動終了となりました。

なかよしのファンの間ではショックも広がっています。

 

きゃらきゃらマキアートの終了についてはこちらの記事もご参考にして下さい。

関連記事

きゃらきゃらマキアート2021年12月13日、講談社が少女漫画雑誌「なかよし」で連載していた「はらぺこペンギンカフェ」「とむとじぇりー ナナイロ」の連載終了を公式サイト上で発表して話題となっています。発表によると、2作品の共同著作者[…]

きゃらきゃらマキアート 著者 誰 名前 中山洋一郎

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「中山洋一郎が強制わいせつで逮捕?経歴や顔画像を調査!」と題して記事にまとめてきました。

「きゃらきゃらマキアート」の原作担当者が、小学生女児に対する強制わ※せつ等の事件で逮捕されて、有罪判決が確定したと話題となっています。

その原作担当者について調べてみると中山洋一郎氏であることがわかりました。

中山洋一郎氏の経歴や顔画像についてまとめてきました。

きゃらきゃらマキアートのTwitterを見ると、かなり厳しいことが書かれているので、今後はきゃらきゃらマキアートとしての活動はないのでしょうね。

以上が、中山洋一郎氏に関する記事になります。

参考になれば幸いです。