中村佳代の顔,Facebook,仕事は?三重県南伊勢町で義理の母とケンカ→死亡

同居していた義理の母親を殴って死なせたとして中村佳代容疑者が逮捕されました。義理の母親である中村博子さんは外傷性ショックで死亡したとみられています。二人は一緒に暮らしていましたが以前から仲が悪かったと言います。義理の親子同士の悲しい出来事です。中村佳代容疑者の顔写真やFacebook、仕事などを調べました。

報道の概要

報道によると…

三重県南伊勢町で、53歳の女が同居していた83歳の義理の母親を、ケンカの末、殴って死なせたとして逮捕されました。

警察によりますと、先月31日、三重県南伊勢町の住宅から「自宅で母親が息をしていない」と119番通報がありました。

消防が駆けつけると、この家に住む無職・中村博子さん(83)が死亡して既に死後硬直が始まっていたということです。

司法解剖の結果、博子さんの全身には殴られたアザが残っており、通報の前日に外傷性ショックで死亡したとみられ、同居していた義理の娘の中村佳代容疑者(53)が素手で殴ったと認めたため、傷害致死の疑いで15日、逮捕されました。

佳代容疑者は家族4人で暮らしていましたが、亡くなった博子さんとは日頃から仲が悪かったということで、事件のあった当日には佳代容疑者の息子がケンカしている声を聞いたと話しているということです。

警察で現在、動機などについて詳しく調べています。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/1173ad3f4f043e6552fbac8aee9fbfde864b4a48

 

 

中村佳代容疑者のプロフィール

名前:中村佳代
年齢:53歳
住所:三重県南伊勢町
職業:不明
容疑:傷害致死
学歴:不明

中村佳代容疑者は三重県南伊勢町で、義理の親と夫ら4人家族で暮らしていました。

 

暴行の被害にあって亡くなった中村博子さんとは以前から不仲だったといいます。

 

嫁と姑の間ですから、人間関係は色々とあると思います。実の親子であってもなかなかうまくはいきません。事件当日も二人はケンカをしていました。

 

日頃からのフラストレーションが一気に爆発したのでしょう。

こうした悲しい事件が起こる前に別居をする選択はできなかったのでしょうか。中村佳代容疑者の夫も仲裁に入れなかった意味で責任は大きいと思います。

中村佳代容疑者の顔写真

話題のニュース編集部で顔写真やプロフィール画像など本人の画像を探してみましたが、

現段階ではどのメディアも報道していませんでした。

現在では顔写真はわかりませんでしたが、情報を入手出来次第更新していきたいと思います。

犯人のFacebookは?

こちらの方でFacebook上の名前検索を行ったり、該当する情報から調べて特定を試みました。ただ、現状として該当人物に関するFacebookの情報はわかりませんでした。

同姓同名のアカウントはありましたが、特定には至りませんでした。

 

今後、話題のニュースでの調査で分かり次第、追って掲載したいと思います。

ネットの反応

国民
そこまで仲が悪いのに同居って、辛いね。
別居を選択できない理由でもあったのかな。
国民
夫はいいよ、仕事だって外出ちゃえば。嫁は姑のマイルールに従わされて気に入らなきゃ嫌味のオンパレード。
昔から母に嫁と姑は混ぜるな危険と言われていたけど結婚してよーく意味がわかった(母は祖母と仲良しだったけど友達を見ての感想)。
国民
日頃から仲が悪かったということは、旦那さんにも義母も嫁もみんながそれぞれ悪い気がする、、、
私だったら家出するな、、
国民
別に住んでいれば起きなかった事件。何の為に同居してたんでしょうね。二つの所帯がひとつ屋根の下で暮らすのは、お互いに無理があります。それは、義理でも実でも同じかと思います。
国民

私も同居する前は仲が良かったのに同居したら色々とありました。
地獄のような日々であのまま住んでたら私は確実に死んでたと思います…。

今は離れて暮らしてますが、今も当時されたことが怖くて信用出来ません…。