中嶋弘子のwikiプロフィール!家族や夫はいる?死因は老衰

服飾デザイナーの中嶋弘子(なかじま・ひろこ)さんが7月18日、老衰でなくなったことがわかりました。95歳でした。ご冥福をお祈りいたします。中嶋弘子さんとはどういう方だったのでしょうか?wiki風プロフィールや家族、夫などを調べてみました。

中嶋弘子さんが老衰で亡くなる

報道によると…

服飾デザイナーの中嶋弘子(なかじま・ひろこ、本名・阪田弘子=さかた・ひろこ)さんが7月18日、老衰で死去した。95歳だった。告別式は近親者で済ませた。喪主は孫、阪田渉(わたる)氏。

東京都生まれ。パリ留学から帰国後、1961年に始まったテレビ草創期の音楽バラエティー「夢であいましょう」(NHK)で司会を担当。頭を右に傾ける上品なあいさつで評判になった。

出典:https://news.yahoo.co.jp/pickup/6401268

 

中嶋弘子のwikiプロフィール

名前:中嶋弘子(本名:阪田弘子)

生年月日:1926年頃(推定)95歳死去

出身:東京都

仕事:ファッションデザイナー

中嶋弘子さんは東京都出身。

本名は阪田弘子です。

戦後(おそらく20歳前後)にファッションやデザインを勉強するためフランスへ。戦後にフランスに渡仏できるということは、富裕層だったのでしょうか。

日本へ帰国してからはファッションデザイナーとして活躍します。

NHKにファッションの専門家として出入りしていたところプロデューサーの目に止まり「夢で会いましょう」の司会としてデビューすることになりました。頭を傾ける上品な挨拶が評判になりました。

中嶋弘子の家族や夫は?

中嶋弘子さんは結婚して「中島弘子」となりました。

しかし離婚後、元夫から「中島の名前を使うな」とのクレームが入り「中嶋」へと変更したという経緯があります。

そして1965年(推定約40歳の頃)大蔵官僚の阪田泰治という男性と結婚するも3年で死別。

その後1977年に「阪田泰治の絵と文」という本を出版されています。

大蔵官僚の阪田泰治さん。その本には一体何が書かれているのでしょうか。

なるなられる直前の中嶋弘子さんの家族構成について、詳しい情報はわかっていません。

ネットの反応

国民
古き良きやまとなでしこ。
品性や品格の感じられる日本女性でしたね。
若かりし頃の黒柳徹子さんも出ておられました。
安らかに。
国民
あの頃としてはお洒落な番組でしたね…
「皆様こんばんは」という中嶋弘子さんの上品な物言いをまだ覚えています…
今はなくなった母と一緒に見た少女時代の思い出の番組です…
歌ありダンスありコントありのパイオニアでしたね……
国民
中島さんは服飾デザイナーで、NHKのテレビ番組に専門家として出演していたところ、司会者を探していたプロデューサーの末盛さんの目に留まって出演が決まったとのこと。
デザイナーだけに、降板するまでの4年間、同じ衣装は一度も無かったそうです。このあたりは、出演者であり、友人でもあった黒柳徹子さんに受け継がれてますね。
「夢であいましょう」は、NHKが初期に制作した名番組ですが、この番組から生まれた数々の名曲も忘れてはならないですね。
国民
昔の本当の意味で美しい方がいなくなっていく…
あの頃のような美しい時代が終わっていく…
今の国民性考えると二度とあんな時代、人は生まれないだろう。寂しい限り
国民
子供の頃、夜遅かったけれどもこれだけは見せてもらっていました。ジャズありコントあり、そして中嶋さんのしっとりとしたナレーション。ああ、大人の世界だなあと、子供心にほのかな憧れを感じていたのを覚えています。いい時代を過ごさせて頂きました。ありがとうございました。ご冥福をお祈りします。
国民
淑女という言葉は彼女のためにあるような。親しみやすく美しく気品ある方でした。ご冥福をお祈りします。