ミャクミャクが怖いし気持ち悪い?由来や意味も調査!

2025年に開催される大阪・関西万博のキャラクターの愛称を「ミャクミャク」と発表しました。

人のような形をした青い体に、赤いたくさんの目がついたキャラクターです。

日本国際博覧会協会は、世界中から愛され親しみを持たれるキャラクターとして育てていく、としています。

この報道を見た人たちからは怖いや気持ち悪い、1度見たら忘れないインパクトがあるなどのコメントがあがています。

このキャラクターの由来はどういったものなのでしょうか。

名前の意味なども調査したいと思います。

今回は「ミャクミャクが怖いし気持ち悪い?由来や意味も調査!」と題してまとめていきます。

 

ミャクミャクが怖いし気持ち悪い?

2025年万博のキャラクターミャクミャクを見た人たちからは、様々な感想が上がっています。

「気持ち悪い」「怖い」「不気味」と言った声や「センスない」「化け物と感じてしまう」といったものです。

もともとは万博にロゴをそのままキャラクターにしたそうですが、目が2個以上あると人は化け物と感じてしまうようになっています。

そのため否定的な感想が多く出るのだと思われます。

大阪の汚点となるのでは、という声もあり、今後どのようにミャクミャクを売り出していくかが万博の成功につながるのではないでしょうか。

 

ミャクミャクの由来や意味は?

ミャクミャクの名前は「脈々」から由来しているとしています。

人間が受け継いできたDNAや知恵や技術などの歴史や文化を、変幻自在なキャラクターが未来に脈々と受け継いでいくことをコンセプトにしている、と愛称を考えた人はコメントしています。

ミャクミャクというキャラクターは、

細胞と水が一つになったことで生まれた不思議な生き物。

その正体は不明。

赤い部分は「細胞」で、分かれたり増えたりする。

青い部分は「清い水」で、流れるように形を変えることができる。

なりたい自分を探して、いろんな形に姿を変えているようで、人間をまねた姿が今の姿。

と説明されています。

 

まとめ

今回は「ミャクミャクが怖いし気持ち悪い?由来や意味も調査!」と題して、記事にまとめてきました。

2025年に開催される大阪・関西万博の公式キャラクターの愛称が「ミャクミャク」と公表されました。

このキャラクターを知った人たちからは「気持ち悪い」「怖い」「不気味」と言ったコメントが上がっています。

名前の由来は「脈々」と受け継がれる人の営みから来ているそうです。

体を構成する赤い部分は「細胞」で青い部分は「清い水」で、それぞれ意味を持っています。

ミャクミャクは自在に形を変えることができ、人間の形をまねした今の形に落ち着いたとされています。

今後どのように活躍するのかが期待ですね。