ムサシノ学生服田中秀篤社長がチャラい!髪型は金髪?

東京都内の中学校や高校の入学式を前に一部の新入生らに学生服が届いていない問題で、制服を受注していた「ムサシノ学生服」の田中秀篤社長が7日朝、保護者や新入生に謝罪したいと話すとともに「受注の予測が大きく外れた」と遅れの理由を説明しました。

記者会見が開かれましたが、Twitter上では、「金髪チャラい」や「髪型ヤバイ」、「言葉遣いが酷い」といった声が上がっています。

今回は「ムサシノ学生服田中秀篤社長がチャラい!髪型は金髪?」と題してまとめていきます。

 

ムサシノ学生服田中秀篤社長がチャラい!

今回問題とされているのは、東京西部の学校を中心に制服を販売する武蔵野市の「ムサシノ学生服」が受注した制服を入学式の直前になっても一部の家庭に届けることができていないものです。

制服の発送が遅れている原因については「コロナの影響もあるが、受注時期が後ろにずれていることと、私学の無償化でどちらの学校に生徒が入るか分からない、男女の人数制限がないので受注数が読めなかった」と、学生服の受注数の予測が大きく外れてしまったことがあると説明しました。

会見に対する口コミには、「学生服作る時間はなくても自分の髪きれいにカラーする時間はある」や「金髪チャラい」といった声が多くありました。

 

ムサシノ学生服田中秀篤社長の髪型は金髪?

口コミには他にも「髪型もキッチリ決まってる」や「金髪にしたいのは制服来なかった生徒の方だ」といった声もありました。

「姿勢悪いしヘラヘラしてる」、「対応が遅すぎて誠意がない」と、外見だけでなく態度からも批判がでています。

会見での社長の様子に、他人の所為にして謝罪の意思がみられず、責任感を持っているように感じられないと感じる方が多いようです。

この会見中にも作業場の方では職員の方々が必至で制服を作っておられるのでしょうね。

 

まとめ

今回は「ムサシノ学生服田中秀篤社長がチャラい!髪型は金髪?」と題して、記事にまとめてきました。

東京都内の一部の新入生らに学生服が届いていない問題で、記者会見を開いた「ムサシノ学生服」の田中秀篤社長の態度に批判の声が上がっています。

会見時の態度や髪型、髪色が金髪であることなどが謝罪をする側とは見受けられない、チャラいのではないかといった声が多く上がっていました。

間に合わないと判明して時点で連絡を入れるなりSNSで発信するなりしておけば、このような事態にはならなかったと思うのですがね。

今後のムサシノ学生服の対応に注目です。