【死亡】宗像久男のwiki経歴と死因や評判|反コロナワクチン

新型コロナウイルスワクチンに否定的だった宗像久男氏が死亡(死去)していたことがわかり、話題となっています。

一体宗像久男氏とはどのような人物で、死因は何だったのでしょうか?

 

宗像久男が死亡!死因は何?コロナ?

宗像久男氏が亡くなったことについて、自身の公式ホームページで以下のように公表されました。

9月21日かねてより埼玉県の病院にコロナ感染により入院中であった宗像久男先生が
退院直前に心停止をおこし、永眠いたしました。ここに生前の皆様のご支援、ご厚情に感謝いたします。

出典:https://second-opinion-munakata.com/

 

上記の通り、宗像氏は埼玉県の病院で新型コロナウイルスの治療中でした。

しかし、退院直前に心停止を起こし、亡くなったというのです。宗像氏は反ワクチンの考えの方で、新型コロナウイルスで亡くなったと指摘もされていますが、公式サイトが公表しているように死因はコロナウイルスというよりも、心停止が直接の原因ではないかと思われます。ただ、コロナが何らかの作用をした可能性もありますね。

 

宗像久男のwiki経歴

宗像久男氏のwiki経歴を調べてみました。

名前:宗像久男
出身地:福島県
生年月日:1948年
職業:医師、統合医学医師の会統合医学健康増進会会長
1960年 早稲田大学社会科学部卒
1964年 早稲田大学大学院国際経済学卒
1993年 長崎大学医学部卒
2004年 ナチュラルクリニック代々木開設
2007年 CCSクリニック院長
2015年 中央リセルクリニック開設
2019年 新宿美容内科医療クリニック院長

本人のTwitterでは、以下のように紹介されています。

統合医学医師の会統合医学健康増進会会長。1948年、福島県生まれ。早稲田大学大学院政治経済学部で国際経済学を学ぶ。卒業後、栄養補助食品の普及に10年間従事し、長崎大学医学部に41歳で入学し、神経内科を専攻する。その後、代替医療を志し、安保徹先生を師としている。

出典:https://twitter.com/munakata_second

宗像氏は早稲田大学大学院を卒業後、1993年に長崎大学医学部に入学し、卒業しています。

ネット上では「医師免許は持っていたのか?」という声が上がっていようですが、実際医師免許を取得していたかどうかについては真偽不明の状況です。

宗像久男の評判(ネットの声)

国民
反ワクチンでも反なんとかでも自分が死んでしまったら何にもならない。生きるための選択をしていただきたかった
国民
YouTube拝見しました。人参がカラダにいいと納得、野生動物は加工食品たべてない、人間だけが加工食品食べるからしぬらしい
国民
コロナが原因で死亡した事を疑う意見がありますが、宗像さんが運営していた宗像久男セカンドオピニオン側からの発表です。間違い無いでしょう。もしどうしても施設側がコロナじゃないと疑うなら自分達でセカンドオピニオンやったらいいわけです。
国民

濃厚接触なんか無いとか言ってた御仁ですね。

 

国民

宗像久男医師、お亡くなりになりました。残念です。

国民

反ワクチン免疫力信仰の宗像久男氏、新型コロナウィルスで亡くなられたんですね。あらあらまあまあ

出典:Twitter
ref:_00Dd0eHCX._5003o1URuSV:ref