元宿仁事務総長のwiki経歴+親戚|学歴(高校大学)+写真(画像)

  • 2021年10月20日
  • 2021年10月20日
  • 政治

自民党事務総長を務める元宿仁(もとじゅくひとし)氏をとりあげます。

しんぶん赤旗が、Dappiの運営企業の社長は、自民党本部事務総長の親戚ととりあげると話題になっています。

一体どのような人物なのでしょうか。

元宿仁のwiki経歴

名前:元宿仁
生年月日:1945年(昭和20年)8月4日
年齢:76歳
出身地:群馬県
趣味:絵画(描画)

元宿仁氏は群馬県出身の政党職員です。長年にわたり自由民主党本部の事務方のトップである事務総長を務めていました。日本ペンクラブ会員でもあります。

元宿仁氏は群馬県利根郡川場村生品(なましな)で四人兄弟の次男として生まれます。

 

生家が貧しかったことから、中学卒業後の就職先も決まっていましたが、

教師や兄などの強い勧めもあり内定先を辞退して高校に進学をしました。

高校では柔道部に所属し、3年時には関東大会に出場するなど活躍したようです。

 

大学卒業後は党事務局員として採用され、中央政治大学院を卒業したのち、党本部職員となります。

その後は主に経理畑を歩み、経理部長を経たのち、2000年に事務方トップの事務局長に就任。2006年には定年延長の上、 新設の事務総長に就いています。

民主党に政権を奪われた後の2010年7月にいったん一線を退いていますが、再び総裁に返り咲いた安倍晋三に呼び戻され、同じく再度事務総長のポストに就いています。

長らく自民党の「金庫番」として党の資金集めにおいて中心的な役割を担っているとされています。

絵画(描画)が趣味であり、総理経験者や閣僚経験者と名を連ねて政界人として美術展に出品することも珍しくありません。

 

元宿仁の学歴(高校大学)

元宿仁氏の学歴(高校大学)はどうなっているのでしょうか。

中学校卒業後は地元の群馬県立沼田高等学校に進学しています。

高校卒業後は昼間はアルバイトをしながら夜間は法政大学短期大学部で学びました。卒業後には駒澤大学に編入し、1968年3月に卒業しています。大学では経済学と経理を学びました。

大学時代からすでに知人の紹介で自民党本部でアルバイトを始めて、卒業後にそのまま当事務局員で採用されました。

 

元宿仁事務総長の写真(画像)

元宿仁事務総長の写真(画像)について調べていたところ、以下のツイートを確認することができました。

 

 

元宿仁事務総長の親戚とは?

冒頭でDappiの運営企業の社長は、自民党本部事務総長の親戚であると新聞赤旗がとりあげると紹介しました。

ただ、元宿氏からみた親戚の社長とは何者かどうかは今現在明らかになっていません。

すでにネット上ではW社の社長ではないかと推測されています。

しかし、デマではないかという情報も飛び交っているため、注意が必要です。

今後詳細がわかり次第掲載いたします。

関連記事

これまで政治的な発言を繰り返してきた正体不明のTwitterアカウント「Dappi」。今回、その正体が法人だということがわかりました。一体どういうことでしょうか。また、法人としての登記情報や社名、所在地などはどのようになって[…]

ref:_00Dd0eHCX._5003o1URuSV:ref