うな源社長・森本猛央のwikiプロフ!経歴や学歴を顔画像つきで紹介!

10万尾以上の中国産ウナギが、国産と偽られ販売されていたことがわかりました。

偽造販売をしていたのは、奈良県大和高田市のうなぎ加工販売店「うな源」です。

「うな源」は2020年4月から11月に、中国産ウナギを国産と表示して販売していました。

この件についてうな源の社長は「中国産は身が大きく柔らかいため使った」と話しているそうで、適切な表示を行うよう近畿農政局が指示を出しました。

このうな源の社長は、森本猛央という人物です。

森本猛央氏のwikiプロフはあるのでしょうか。

経歴や学歴、さらには顔画像も気になるところです。

そこで、今回は「うな源社長・森本猛央のwikiプロフ!経歴や学歴を顔画像つきで紹介!」と題して、記事をまとめていきます。

 

うな源社長・森本猛央のwikiプロフ!

うな源の森本猛央社長とはどのような人物なのでしょうか。

調べてみると、過去に「あべの経済新聞」というWEB新聞に掲載された記事がありました。

あべのハルカス近鉄本店(大阪市阿倍野区)で、「土用の丑の日」に向けたうなぎ商戦が行われているという記事です。

その中で、高校の同級生という縁で元ラグビー日本代表の大畑大介さんと考案した「紅白重」(3,001円)を取り扱ったという情報がありました。

 

うな源社長・森本猛央の経歴や学歴は?

上記のように、うな源の森本猛央社長は元ラグビー日本代表の大畑大介さんと高校の同級生だということ。

そこで大畑大介さんの高校を調べてみると、東海大学付属仰星高等学校だということがわかりました。

過去のFRYDAYの記事でも、大畑さんが足繫く通ううなぎ屋として「うな源」が紹介されていました。

 

うな源社長・森本猛央の顔画像は?

うな源の森本猛央社長の顔画像が気になるところです。

顔画像について調べてみると、上記の「あべの経済新聞」に出ていました。

そこで、Twitterで調べてみると同姓同名の画像として上記の画像が投稿されていました。

バス釣りが好きなようで、釣り場の情報でも紹介されていました。

ただ、こちらでは著作権の関係で控えさせていただきます。

ご容赦ください。

 

うな源が破産準備に入る

2022年2月9日、中国産ウナギを「国産」と偽って弁当などを販売していた奈良県大和高田市の食品販売会社「うな源」が、自己破産の準備に入ったと報じられました。

負債総額などは調査中で、本店のほか、奈良県内の近鉄百貨店、あべのハルカスなどを1月22日から休業していますが、ウナギを国産と偽って販売していたことによる信用失墜で営業再開のめどがたたないといいます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「うな源社長・森本猛央のwikiプロフ!経歴や学歴を顔画像つきで紹介!」と題して、記事をまとめてきました。

10万尾以上の中国産ウナギが、国産と偽られ販売されていたことがわかりました。

偽造販売をしていたのは、奈良県大和高田市のうなぎ加工販売店「うな源」です。

「うな源」は2020年4月から11月に、中国産ウナギを国産と表示して販売していました。

この件についてうな源の社長は「中国産は身が大きく柔らかいため使った」と話しているそうで、適切な表示を行うよう近畿農政局が指示を出しました。

このうな源の社長について調べてみると、森本猛央という人物だということがわかりました。

森本猛央氏のwikiプロフについて調べてみると、経歴や学歴などがわかりました。

顔画像も他のメディアで公開されていますが、ここでは控えさせていただきます。

健康被害はなかったかもしれませんが、国産だと信頼して買っていたのに中国産だとしたらショックですよね。

きちんと対応をお願いしたいと思います。