サル痘の日本感染者は誰か特定?名前や日本人かも調査!

2022年7月25日、厚生労働省はサル痘の感染者が国内で初めて確認されたと発表しました。

サル痘とは天然痘に似た感染症で、発熱、頭痛、リンパ節腫脹、筋肉痛などの症状が0~5日続き、発熱1~3日後に発疹が出現、発症から2~4週間で治癒するとされています。

7月23日、世界保健機関(WHO)は「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言していました。

感染者は欧州への渡航歴のある東京都内の30代の男性で、都内の医療機関に入院しているが、健康状態は安定しているそうです。

日本初のサル痘の感染者は誰か特定されているのでしょうか。

名前や日本人かどうかも気になる方がいるようです。

そこで「サル痘の日本感染者は誰か特定?名前や日本人かも調査!」と題して、記事をまとめていきます。

 

サル痘の日本感染者は誰か特定?

日本で初めて確認されたサル痘感染者は誰なのか特定さているのでしょうか。

ニュースによると、感染者は欧州への渡航歴のある東京都内の30代の男性とあります。

しかし、報道されているのはここまでで、その他調べてみましたが特定には至りませんでした。

今後、特定をされる可能性もあるとは思いますが、感染してしまった方のことを考えると特定は控えたほうが良いですね。

 

サル痘の日本感染者の名前は?

サル痘の日本感染者の名前は分かっているのでしょうか。

調べてみましたが、名前は公表されておらず、分かりませんでした。

まだ1名のみということもあり、日本で感染拡大するかどうかも分かりませんので、不必要に特定をするべきではないでしょう。

また、現状サル痘の空気感染は確認されておらず、マスクや手を洗うなど、感染対策をしっかりと行っていれば問題はないという声もあります。

過度に警戒する必要もないのかもしれません。

 

サル痘の日本感染者は日本人?

サル痘の日本感染者の国籍は日本人の方なのでしょうか。

調べましたが、国籍に関する詳細はわかりませんでした。

欧州から帰国した後に症状が現れたそうなので、欧州で感染流行した後に渡航歴がある方は気を付けたほうが良いですが、あまり気にしすぎるのもどうかと思います。

感染した方は現在入院しているそうなので、その方からの今後の感染の可能性は低いと思われます。

過剰に不安にならずに、冷静に感染対策をしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「サル痘の日本感染者は誰か特定?名前や日本人かも調査!」と題して、記事をまとめてみました。

2022年7月25日、厚生労働省はサル痘の感染者が国内で初めて確認されたと発表しました。

日本初のサル痘の感染者は誰か特定されているのでしょうか。

調べましたが、名前や国籍、日本人かどうかも特定はされていないようです。

感染者は欧州への渡航歴のある東京都内の30代の男性で、都内の医療機関に入院しているが、健康状態は安定しているそうです。

日本で感染拡大するかどうかも分かりませんので、感染してしまった方のことを考えると特定は控えたほうが良いですね。

過剰に不安にならずに、冷静に感染対策をしましょう。