宮崎集の大学はどこ?トライアスロン写真や事故原因も調査!

フランスにて個人合宿を行っていた、女性トライアスロン選手の宮崎集(25)さんが練習中の事故で亡くなったことを、日本トライアスロン連合が報告しました。

宮崎選手は現地時間の7月27日午前9時半ごろ、フランスのオルレアンでバイクの練習をしているときに対向車と接触する事故にあいました。

事故の詳しい状況はフランス当局と現地スタッフが調査しており、日本のスタッフも現地に渡り対応するとしています。

宮崎選手は富山県富山市出身とのことですが、大学はどこへ行っていたのでしょうか。

またトライアスロンをしていた時の写真はあるのでしょうか。

事故が起こった原因も気になります。

今回は「宮崎集の大学はどこ?トライアスロン写真や事故原因も調査!」と題してまとめていきます。

 

宮崎集の大学はどこ?

宮崎選手は大学からトライアスロンを始めたそうです。

宮崎選手自身は中学生のころから、トライアスロンをやってみたい、と思っていて、大学入学前に地元のトライアスロン協会の人が声をかけたことがきっかけと語っています。

2019年にはU23トライアスロン選手権に出場し優勝を果たしています。

宮崎さんのFacebookによると、出身校は筑波大学で、体育専門学群に所属していたそうです。

筑波大学にはトライアスロン部が存在しています。

宮崎選手もこの部に所属していたようです。

部の活動報告はツイッターで挙げられていて、過去の報告には宮崎選手の画像も掲載されています。

 

宮崎集のトライアスロン写真は?

宮崎選手ののインスタグラムやFacebookには、活動報告のようにトレーニングやレースに出場している写真が投稿されています。

ツイッターの方にも、宮崎選手の出身校筑波大学トライアスロン部の活動報告が挙げられていて、過去の分には学生時代の宮崎選手の画像もありました。

真剣に競技に取り組んでいる様子が見受けられます。

宮崎選手は2024年のパリオリンピックでの活躍を期待されていた選手です。

そのオリンピックに向けての練習中の事故だったのでしょう。

 

宮崎集の事故原因は?

宮崎選手はバイクの練習中に対向車と接触しなくなったと公表されていますが、その事故が起こった原因は公表されていません。

報道によると現地スタッフのほか、日本のスタッフも現地へ渡り対応に当たるとのことです。

宮崎選手は個人合宿中だったとのことですが、サポートの人も近くにはいたはずです。

今後事故の詳しい状況が判明すれば公表されると思われます。

 

まとめ

今回は「宮崎集の大学はどこ?トライアスロン写真や事故原因も調査!」と題して記事にまとめてきました。

フランスにて個人合宿を行っていた、女性トライアスロン選手の宮崎集(25)さんが練習中の事故で亡くなったことを、日本トライアスロン連合が報告しました。

宮崎選手は現地時間の7月27日午前9時半ごろ、フランスのオルレアンでバイクの練習をしているときに対向車と接触する事故にあいました。

宮崎選手は大学からトライアスロンを始めたと本人のプロフィールに書かれており、筑波大学トライアスロン部の活動報告に宮崎選手が掲載されています。

本人のインスタグラムやFacebookにも競技やトレーニング中の写真が投稿されています。

今回の宮崎選手の事故原因は今のところ公表されていません。

日本のスタッフも現地に向かうとしており、詳細が判明すれば公表されると思いますので、分かり次第追記いたします。