【本名+顔画像】三菱UFJ銀行のニセ税理士誰?西田公介(KPMG出向)

日本最大のメガバンク、三菱UFJ銀行で「ニセ税理士」が働いているとデイリー新潮が報じて、大きな話題となっています。

新潮の記事では、仮名で「西田公介」と紹介されています。

一体この人物はどのような人物で、なぜニセ税理士が三菱UFJ銀行で働いているのでしょうか。

 

三菱UFJ銀行でニセ税理士西田公介が勤務

報道によると…

無資格の者が税理士業務に携わる「ニセ税理士事件」。時折警察当局が摘発して報道もされるが、日本を代表する大企業が深く関わったケースは、おそらく過去に類例がないのではないか。気をつけろ、三菱UFJ銀行本店で「ニセ税理士」が堂々と働いている――。

問題の人物はKPMG税理士法人から三菱UFJ銀行本店に出向している30代前半の男性社員、西田公介氏=仮名=である。ちなみにKPMGは世界四大会計事務所(BIG4)の一角を占める多国籍企業だ。

「18年12月頃に出向してきた西田さんは三菱UFJ銀行本店のソリューションプロダクツ部ソリューションフィナンシャルグループに所属しており、同部署の職員はもちろん、同グループの職員も、彼のことは税理士だと思っています」

そう語るのは三菱UFJ銀行関係者である。

「その彼が実は“ニセ税理士”だと気づいたのは先月のことです。ある日、たまたまKPMGの関係者と話す機会があり、西田さんの話題になった時、その関係者が“西田さんは税理士ではない”と言うのです。彼が社内外で配っていた名刺にははっきりと『税理士』とありますし、本人も税理士を名乗っていたので最初はそんなことはあるはずがないと、信じられずにいました。しかし……」

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/a5fd4303432b78ac27461cfc644120d20e84d849?page=2

三菱UFJ銀行もKPMGも、日本はおろか世界的にも有名な企業です。

そんな企業をめぐって、信じられない出来事が報道されました。

 

銀行の名刺には税理士という肩書が書いてあるにも関わらず、税理士としては登録されていなかったのです。まさかの事態ですよね。

 

インターネット上ではこのようなコメントが出ています。

これ大問題だよ。

事実なら逮捕されてもおかしくないのに、なんで銀行も開きなおっているんだ。。

最近だけでなく、過去の行為も含めて検証すべき事案。

名刺の表記に間違いがあれば、「これ、間違っています。私は税理士の資格を持っていません。」と、申し出るだろ。

本人が嘘つきなのは分かったが、単なる名刺作成時のミスということにして、この件を乗り切ろうとした三菱UFJ銀行も相当ひどいな。

出典:ヤフーニュース

三菱UFJ銀行ニセ税理士西田公介は誰?本名は?

デイリー新潮の中では、三菱UFJ銀行で働くニセ税理士に関して下記のような情報が出ています。

 

名前:西田公介(仮名)

年齢:30代前半

性別:男性

所属部署:ソリューションプロダクツ部ソリューションフィナンシャルグループ

出向元:KPMG税理士法人

 

また、知人の話をまとめると、下記のような人物のようです。

実家は会社を経営しているお金持ち。小さい頃から欲しいものは何でも手に入る環境で育った。
ワガママな性格で自分の思い通りにするためなら平気で嘘をつくようなところがある
彼女がいるのに新しい女を探して乗り換え、さらに女を物色する
女性を騙してトラブルになったこともある
2017年頃にKPMGに入社。その前は会計や税務を扱う会社で働いていた。その時には税理士だと言っていた

インターネット上ではこのようなコメントが出ています。

間違えて名刺が作られても、この肩書違いますって申告しますよね

これは警察に通報すべき案件だろう。
ニセ税理士はとんでもないが、UFJも日本を代表する銀行としては大問題だ。

出典:ヤフーニュース

 

ニセ税理士の西田氏が所属するソリューションプロダクツ部について調べたところ、営業店担当と一緒にスキームの顧客説明をする場合があるといいます。

本当に行内業務に留まっていたか、税理士として対顧接点が無いか、外部調査も必要そうです。

ソリューションプロダクツ部について書かれた記事や過去の人事異動情報も探していましたが、部長や次長クラスの名前は出ているものの、30代の中堅クラスについては情報が見当たりません。

そのため、本名にたどり着くには三菱UFJで働く人やKPMG関連の人からのリーク情報に頼る他なさそうです。

詳細をご存知の方は、コメント欄か問い合わせフォームからお願いします。

なぜ西田公介がニセ税理士だと判明したか?

記事によると、三菱UFJ銀行関係者がKPMGの関係者と話す機会があり、西田さんの話題になった時、その関係者が“西田さんは税理士ではない”と言ったというのです。

 

彼が社内外で配っていた名刺にははっきりと『税理士』とあり、本人も税理士を名乗っていたので最初はそんなことはあるはずがないと、信じられなかったといいます。

 

この関係者が半信半疑で日本税理士会連合会のHPにある税理士情報検索サイトに彼の名前を打ち込んでみたところ、「該当するデータはありませんでした」とのメッセージが出てきました。

なぜ名刺に税理士の肩書を書いて働いている?

デイリー新潮の記事の中でMUFG関係者の話として紹介されている情報では、彼が税理士資格を有していないことは受け入れ時には分かっていたそうです。

 

彼の前にKPMGから出向してきた人が全員税理士さんだったので、勘違いして、前任者の名刺の名前と連絡先だけを変えたものを作ってしまったと説明しているようです。

 

これには読者も首をかしげそうですよね。

 

三菱UFJともあろう銀行がそんなミスするでしょうか

 

三菱UFJ銀行ニセ税理士西田公介は税理士法違反になる?

税理士名簿に名前のない者は税理士業務を行うことはもちろん、税理士を名乗ることも許されません。

 

税理士法第52条では税理士でない者の税理士業務が禁止されており、これに抵触する場合は2年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科されます。

 

また第53条では税理士でない者が税理士を名乗ることを禁止しており、これに反すると100万円以下の罰金を科されます

三菱UFJ銀行ニセ税理士西田公介の顔写真

話題のニュース編集部で顔写真やプロフィール画像など本人の画像を探してみましたが、
現段階ではどのメディアも報道していませんでした。

 

現在では顔写真はわかりませんでしたが、情報を入手出来次第更新していきたいと思います。

 

三菱UFJ銀行ニセ税理士西田公介のTwitter,Facebook,インスタグラムは?

こちらの方でTwitter,Facebook,インスタグラム上の名前検索を行ったり、該当する情報から調べて特定を試みました。

 

ただ、現状として該当人物に関するTwitter,Facebook,インスタグラムの情報はわかりませんでした。

 

今後、話題のニュースでの調査で分かり次第、追って掲載したいと思います。

ネットの反応

国民
資格がないのに名刺に税理士と入っているのは
組織ぐるみなのか、体裁を気にして虚偽のコメントなのかわからないが明らかに税理士法違反だよね 彼の女遊びはよく分からないが税理士法違反は事実なので適切に処理すべきだと思う
国民

会計事務所のKPMGからの出向なので、当然税務相談の業務につく機会もあり相談相手に税理士の肩書きがある名刺を渡していたはずだ。被害者もいるかもしれない。銀行は詐称について重大な問題として認識するべきである。

国民
銀行も庇わず告発すれば良いのにね。本当に知らないんだったら。
これじゃ組織ぐるみで黙認してたと言われても仕方ないと思う。
国民
これは本人の問題というより、銀行でしょ。銀行、しかもメガバンクですから、税理士であるか脱法していないか、身辺調査をしますよね?
実際に金融機関はノンバンクから借りた経歴がある人は採用しないと聞いたことがあります。
またはKPMGが税理士と嘘をついて、出向させたのか?
国民

そもそも税理士法人に税理士じゃない人が、かなりの人数、顧客に自分はプロですって顔して仕事してるからね。資格もないのに、その前にあなたは何者って感じだよね。

国民

ソリューションプロダクツ部はたまにだが、営業店担当と共にスキームの顧客説明をする場合がある。本当に行内業務に留まっていたか、税理士として対顧接点が無いか、外部調査が必要です。また他に同様の事例がないかも。

出典:ヤフーニュース