小倉美咲の犯人は誰?地主や父親と言われる理由は?

山梨県道志村で行方不明になった小倉美咲ちゃんのものと思われる遺留品が、ここ最近で相次いで見つかっています。

事件が起きたのが2019年9月であることを考えると、「なぜ今になって、、」と思う方も多いのではないでしょうか。

新たな報道が公開されるにつれ深まる違和感、世間一般の反応、犯人はいったい誰なのか等、事件が再燃しています。

特に犯人については、当時キャンプに同行していた友人、地主、そして美咲ちゃんの父親等、根も葉もないうわさが独り歩きをし始めている状況です。

ですが当時のキャンプ実施時の関係者の中に犯人がいるのは間違いない為、今後も捜査の行方に注目です。

とは言え犯人が誰かは皆さんも気になるかと思いますので、今回は「小倉美咲の犯人は誰?地主や父親と言われる理由は?」というタイトルにて記事をまとめていきます。

 

小倉美咲の犯人は誰?

本事件の犯人については様々な憶測が飛び交っています。

当時キャンプに同行していた友人、地主、そして美咲ちゃんの実の父親までがネット上では犯人の可能性があるのではないかと噂されています。

当時必死の捜索も空しく、何も発見することが出来なかったにもかかわらず、今になって次々と遺留品が見つかっている為、ひょっとしたらほとぼりが冷め始めた今、犯人が遺棄したのではないかと思う方も多いでしょう。

3年という月日が経った今、犯人は今どこで何をしているのでしょうか。

今回はその可能性をいくつかピックアップしていきたいと思います。

 

小倉美咲の犯人は地主?

3年という月日が経っても犯人像が報道されず、また報道内容も犯人について触れることが少ないように見受けられることから、地元有力者もしくは地主が関係しているのではないかという噂があります。

権力者が圧力をかけ、捜査を続けることが困難な状況に置かれている可能性があります。

犯人が地主等地元有力者本人か、その息子や孫など若い人物の犯行である線も考えられますが、真相は定かではありません。

 

小倉美咲の犯人は父親?

こんな疑いを持つこと自体あり得ないと思いますし、あって欲しくないですが、メディアへの露出の少なさが熱心に活動を続けている母親と対比され、違和感を持たれている為、父親が犯人なのではないかという噂もあります。

当然、根も葉もない噂ですし、メディア関連は母親が担当するという取り決めがあるのかもしれません。

しかし、露出が少なく、人物像が分かっていない為、ネット上では憶測でものを語るしかなく、この様な疑いをもたれてしまった可能性が大きそうです。

もし事件に無関係であるならば、非常に心苦しく、つらい事でしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「小倉美咲の犯人は誰?地主や父親と言われる理由は?」というタイトルにて記事をまとめてみました。

最近になって美咲ちゃんの遺留品が相次いで見つかっている中、その犯人が誰かということにも当然目が行くのは確かです。

しかし、公開されている犯人についての情報が少ない為、当時キャンプに同行していた友人、地主、そして美咲ちゃんの父親等、様々な憶測が飛び交っている状況です。

特に「地主関係者が犯人である為、圧力をかけて情報を封鎖している」「メディア露出の少ない父親が怪しい」といった意見が多く見受けられます。

今後も新しい情報が公開され次第、内容を更新していきます。