演出家のMIKIKO氏が五輪責任者除外を告白 「ゴタゴタばかり続いてる」

東京五輪開会式の演出でMIKIKO氏が排除される

報道によると…

東京五輪・パラリンピックの開閉会式の責任者だったクリエーティブディレクターの佐々木宏前総合統括について、「文春オンライン」が不適切演出プランのほか、当初、五輪開会式プランをまとめる中心だった演出・振付師のMIKIKOさんが、佐々木氏に排除された流れが報じた問題で、MIKIKOさんが26日、自身のツイッターを更新し、説明した。

出典:デイリースポーツhttps://news.yahoo.co.jp/articles/2a2ad811bed4438045c3dfd1af9a3f0b275e177a

MIKIKOについて

MIKIKO(みきこ、1977年8月11日産まれ)は、日本の演出振付家。女性ダンスカンパニー、株式会社ELEVENPLAY(イレブンプレイ)代表取締役。愛称は「MIKIKO先生」。
東京都生まれ。三人姉妹の末っ子で2歳のとき、父親の転勤で広島市へ引っ越す。安田女子中学校のバトン部の一員としてフラワーフェスティバルの舞台やパレードに出て、人前で踊る楽しさを覚え、高校に入ってヒップホップダンスを始めた。

出典:Wikipedia

MIKIKO氏の告白に対する国民の声

国民の声ずっとこんなゴタゴタばっかり続いてるよね。関わる人や聖火ランナーの辞退も多いように携わることが名誉ではなく不名誉と感じてる人も多いのでは?世界に向けて恥ずかしい・・。

国民の声:やはり最初から身内だけで固めたかったわけですね。これでは最初のメンバーが愛想を尽かしても当然でしょう。これまで様々な国際イベントを手掛けてきたからといって、電通を頭から信用してきた結果でしかありません。

国民の声:MIKIKOさんの言う通り、話し合いが持たれていれば。人柄がでているコメント。潔くて素敵です。とてもみたかったのに残念です。他のお仕事でみせてもらいます。次次〜です。

国民の声:誰が主役のオリンピックなんだか。選手の話がほとんど発信されてない。コロナ禍もあるにしても、支える人たちの前向きな話はウェルカムだが、こういうネガな発信ばかりでオリンピックが仮に開催されても霞んだ大会になりそうで残念。

国民の声:まあ、電通が丸儲け狙って義理を欠いたってだけ。いつもの事。
電通に義理や人情があったら日本の芸能界はもっと良くなってる。

国民の声もうやり方がむちゃくちゃ。あまりにも失礼でしょ。これって目立ちたがり屋のプライド高いおじさんが、自分の良いようにできなかったから駄々こねてふたりを弾き飛ばしたパワハラじゃないの?

出典:ヤフーニュース

Twitterの反応

編集部より一言

この件の真相は分かりませんが、電通が関わるとろくなことがない、という認識を多くの国民が共有することになってきているのは確かだと思います。

演出家のMIKIKO氏
話題のニュースの最新情報をチェック!