トラックめいめいは電通案件?怪しいステマではないかと話題に!

2022年8月22日現在、「トラックめいめい」という名前でツイッターをやっている21歳のインフルエンサーのフォロワーが爆増しています。

投稿内容としては、トラック運転手である自身の仕事の合間と思われる写真を投稿したり、独特なファッションでビールを飲んでいる姿などです。

その事に関してネット上では、トラックめいめいは電通案件?との噂が流れてしまっているようです。

トラックめいめいは怪しいステマとも言われていますが、真実を知りたいという方は多いですよね。

そこで今回は、「トラックめいめいは電通案件?怪しいステマではないかと話題に!」と題して記事をまとめていきます。

 

トラックめいめいは電通案件?

まずはじめに、トラックめいめいは電通案件という噂について詳しく調査していきます。

ちなみに電通というのは、広告代理店の事を表しており、商品展開を行うスポンサーなどによって出資され、フォロワーを増やしていきます。

その効果によって人気が高いと思わせることで、フォロワーや影響力を増やしていくという企業戦略です。

そのため、ここで言っている電通案件というのは広告代理店の力によって数字を増やしたという意味でこの言葉を使用していきます。

アカウントを実際に見ていくと、Twitterをはじめてからたった4か月で、フォロワー17万人というとんでもない数になっています。

何気ない投稿からスピーディーにグッズ販売へと誘導する点も電通案件なのではと言われてしまう要因だと思われます。

そして不可解なのが一般人のはずなのに、最初からマネージャーが居ることです。

実は以前、「100日後に死ぬワニ」という4コマ漫画がツイッターで流行り、220万人ものフォロワーを誇る大型アカウントがありました。

それは100日後に自らが死ぬ運命を知らない主人公のワニが、仲間と暮らす日々の出来事を描いた作品で、最終回はトレンド世界一位にもなりました。

ところが最終回直後に、グッズや映画化など怒涛のビジネス展開に変わっていったため、電通案件と言われ炎上してしまいました。

今回のトラックめいめいさんに関しては、電通案件だと断定できる証拠はありませんでしたが、怪しいと思っている方は多いようですね。

そんな声がある一方で怪しいステマなのではないか?という声も聞こえてきました。

そこで次の見出しでは、トラックめいめいは怪しいステマ?という噂についても詳しく調査をしていきます。

 

トラックめいめいは怪しいステマ?

前見出しでもお伝えしたように、ここからはトラックめいめいは怪しいステマ?という疑問について調査をしていきます。

ここで言うステマというのは「ステルスマーケティング」の略で消費者に対して気づかれないように商品の宣伝をすることなどを指しています。

そしてこのステマというのは、本来は広告宣伝であるのに、そのことを消費者には公開しておらず、内容を偽っています。

これは優良誤認表示という規制に違反をしていることになり、場合によっては景表法に違反するなんてこともあり得るようです。

トラックめいめいさんの場合は裏に構成作家がついているのか?と思うくらいストーリーが出来過ぎているようにも感じます。

ですが、現時点でトラックめいめいさんが怪しいステマと断定できるほどの情報は出ていません。

ビールの飲みっぷりが非常によく、フォロワーが増えるのも頷ける面白いアカウントだとは思いますが、真実は謎に包まれています。

ですが今後のツイートの内容によっては、真相に近づける可能性もあるため引き続き調査は続けていこうと思っています。

>>トラックめいめいの会社や何者かはこちらもチェック!

 

まとめ

今回は、「トラックめいめいは電通案件?怪しいステマではないかと話題に!」と題して記事をまとめていきました。

フォロワー数が急増し、トレンド入りも果たしている21歳のトラックめいめいさん。

この記事ではそんなトラックめいめいさんが電通案件?という噂や怪しいステマではないか?という疑問などについて調査をしていきました。

結果としては、気になる点はいくつかあるものの、どちらも断定をすることが出来ませんでした。

100ワニ騒動の時のように炎上をする可能性も考えられれますが、今後はどうなっていくのでしょうか。

一躍時の人となったトラックめいめいさんに今後も注目し、また新たな話題があれば、記事を書いていこうと思っています。