吉田昌弘の大阪の会社はどこ?Facebookと弥生人比較画像も!

鳥取県鳥取市で「弥生人そっくりさん」を選ぶイベントが2022年の5月28日に開かれたことが巷で話題になっています。

同大会は全国の応募者から絞り込まれ、最終的に選ばれた、入賞者10人が招かれました。

1800年前の弥生時代の遺跡で見つかった頭蓋骨(ずがいこつ)のDNAから復元した男性に最も似ている「そっくりさん」を選ぶというこの大会。

審査員や動画投稿サイト視聴者の投票でグランプリは大阪府の35歳会社員である吉田昌弘さんに決まったそうです。

そんな吉田さんは、弥生人になりきるために髪とひげを伸ばし、「弥生人は太っていなかったはずだ」と6キロもの減量にも取り組んでいました。

「すごく似ている方ばかりだったので、選ばれて光栄です。控室は親戚より似た顔ばかりで、楽しかったです」と語っていた吉田さん。

ネット上では吉田昌弘さんが、「 大阪のどこの会社に努めているの?」との疑問や 「Facebook に弥生人と照らし合わせられる比較画像はないの?」。

と、いう様にSNSやネット上でちょっとした話題となっています。

そこで今回は、「吉田昌弘の大阪の会社はどこ?Facebookと弥生人比較画像も!」と題して記事をまとめていきます。

 

吉田昌弘の大阪の会社はどこ?

「弥生人そっくりさん」を選ぶ大会でグランプリに選ばれた吉田昌弘さんが普段はどこで働いているのか気になる方もいらっしゃいますよね。

そこで実際にSNSやインターネット上で詳しく調査をしていくと、何やら興味深いアカウントが出てきました。

それは「ティニウィニのラジドラ」と言い、実際に吉田昌弘さん本人が中の人として動かしており、弥生人そっくりさんのことも宣伝していました。

投稿やインターネットの情報では、大阪のどこの会社かはわかりませんでしたが、普段は医療関係の営業職を務めていることがわかりました。

そこで次の見出しでは、他に情報を知れる可能性がある為、実際に吉田さんがFacebookをやっているのかについても調査をしていきます。

 

吉田昌弘のFacebookは?

facebookの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー ...

ここでは実際にFacebookのアカウントを検索して関連したものなどがないか、調査をしていきます。

「吉田昌弘」とFacebookで検索するとかなり多数のユーザーがヒットしました。

他にも弥生人そっくりさんについて関連している事があるアカウントについても同時に調査をしていきます。

その中から大阪府に住んでいる吉田昌弘さんを探していきますが、それでも何人かヒットしたため、弥生人そっくりさんで検索をしていきます。

 

検索をしていた結果、イベントのあったことをまとめる記事のようなものは出てきましたが、吉田さんのアカウントは出てきませんでした。

ですが、Facebookではなくとも吉田昌弘さんの実際の顔画像と、弥生人を比較することが出来る画像がありました。

そこで次の見出しでは、その件についてお話していきます。

 

吉田昌弘と弥生人の比較画像は?

弥生時代の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー ...

恐らく一番気になるであろう「グランプリを取った吉田昌弘さんと弥生人がどれ程似ているのか?」ということについてです。

その「弥生人そっくりさん」を決める大会で吉田さんが実際にグランプリを獲った時の顔画像と実際の弥生人の顔画像がこちらになります。

この大会のために体重を6kgも落とし、営業職でありながら髪も髭も伸ばしていたこともあり、とても完成度が高いです。

他の参加者の方々も非常によく似ているようでしたが、そこと比べても吉田昌弘さんはクオリティが高く、圧巻だったと言えるでしょう。

今回の大会でグランプリを獲った吉田昌弘さんは営業職とのことですので、このイベントがきっかけで業績が上がったりするのかもしれませんね。

これだけ大きく取り上げられたため、弥生人そっくりさんを決める大会があったことを初めて知ったという方も多いのではないでしょうか。

 

まとめ

グランプリの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー ...

今回は「吉田昌弘の大阪の会社はどこ?Facebookと弥生人比較画像も!」と題して調査をし、記事をまとめていきました。

「ティニウィニのラジドラ」というラジオ番組で中の人も務めているという吉田昌弘さん。

弥生人そっくりさんでグランプリを獲ったことで知名度が上がり、放送を聞く人が一気に増えるかもしれません。

実際の弥生人と比較画像で照らし合わせても瓜二つでしたし、とてもリアリティが高かったですね。

大阪のどこの会社に勤めているのか?Facebookのアカウントなども今回特定できませんでしたが、今後もっと有名になれば出てくるかもしれません。