丸山希美(丸山大輔県議妻)の顔画像+自宅住所|殺人の犯人や特徴+動機は?

  • 2021年9月30日
  • 2021年10月1日
  • 殺人

9月29日、長野県塩尻市の自宅で丸山大輔県会議員の妻が亡くなった事件が急展開を迎えました。

翌日の30日夜、警察が死因は首を絞められたことによる窒息死と発表し、殺人事件と断定したのです。

一体犯人は何者で、どのような動機があったのでしょうか?

丸山希美(丸山大輔県議の妻)さんが首を絞められ窒息死

報道によると…

9月29日、長野県塩尻市の自宅で丸山大輔県会議員の妻が死亡していた事件について、30日夜、警察は死因は首を絞められたことによる窒息死と発表し、殺人事件と断定して塩尻警察署に捜査本部を設置しました。

29日朝7時前、塩尻市の丸山大輔県議の自宅で妻の希美さん(47)が死亡しているのが見つかりました。

警察によりますと、28日夜までは同居の家族が姿を確認していましたが、29日朝になって家族が倒れている希美さんを発見しました。近くには金庫があったということです。首に擦り傷がありました。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/831df10de3f00c3ed338d8937891554e4b4090f9

警察によると、9月28日夜までは同居の家族が姿を確認していたものの、29日朝に家族が倒れている希美さんを発見して119番しました。

近くには金庫があったということです。首に擦り傷がありました。

丸山県議は遺体発見の前日の28日夜は県議会のため長野市に宿泊していて不在でした。

インターネット上ではこのようなコメントが出ています。

うちの実家もそうだけど、田舎のこういう開けた家だと強盗に無防備で恐い。
地域社会は怖いよ。色々な有る事、無い事を吹聴する人間が溢れているし話題そのものが普段、ないから当事者や家族、親戚まで疑いの眼を向けられる。
出典:ヤフーニュース

丸山希美さんのプロフィール

名前:丸山希美
年齢:47歳
住所:塩尻市
職業:丸山大輔県議の妻、会社役員

丸山大輔県議が以下のように、コメントしているように、丸山大輔県議をしっかりと支えた奥さんだったようです。

「本当に残念な結果になってしまった。頑張り屋でいろいろ支えてもらった。警察に協力して捜査の進展を見守っていきたい」

 

インターネット上ではこのようなコメントが出ています。

 

先日、福井の県議が倒れた状態で頭から血を流して、結局亡くなったよね…今回は県議の妻か…最近、県議の人に災難が多いなあ…
議員となると、いろんな利権絡みで敵対する組織や団体がいるからね。
もちろん、この家が県議と知っていたのかどうか、最初から奥さんを殺害する目的だったのかどうかなどあるけど、単なる物盗り目的で、見つかったから殺害した・・・という訳ではないだろうな。
丸山希美さんの画像
報道では丸山希美さんの画像が使われていますが、荒い画像です。ただ、この画像でも非常に美人で献身的な方だったのだろうということは伝わってきます。

丸山希美さんの自宅住所

報道によると、丸山希美さん(丸山大輔県議)の自宅住所は、長野県塩尻市とされています。
丸山大輔県議は酒蔵も経営されているということで調べたところ、「笑亀酒造株式会社」という酒蔵がヒットしました。

自宅は酒蔵が併設されている住宅ということなので、笑亀酒造株式会社の場所と考えられます。

笑亀酒造株式会社の住所はこちらです。

報道の画像から確認すると、丸山希美さんの自宅はこちらのようです。

犯人の特徴や動機は?

報道によると、希美さんは金庫がある部屋で倒れていて、体の一部にすり傷がありました。

周囲には土足で歩いた跡があったということなので、外部から何者かが侵入した可能性が高そうです。

金庫を狙った強盗犯だったのか、あるいははじめは丸山大輔県議を狙うつもりだったのかもしれませんが不在だったのかもしれません。

 

ネットの反応

国民
お子さんたち、お母さんが倒れているのを見て怖かったでしょうね…。通報までしたらしいですが、心のケアをしてあげる必要がありますよね。
国民
金庫があったけど、結局とっていったのか?
たまたま金庫の近くにいただけなのか?
国民
早く犯人が逮捕されること祈ります。
国民
子供が襲われなかったのはお母さんが必死に守ったのかな?
田舎の大きなお家だと強盗に入られてもご近所まで声が届かなかったのだろうし、本当にかわいそう…
国民

夫が公人なら、家に妻子しかいないのはスケジュールなど調べればわかるから危険ですね。

国民

地方議員さんの住所って、県や市のホームページで公開されてたりするよね。やっぱり危険だと思う。

出典:ヤフーニュース
ref:_00Dd0eHCX._5003o1URuSV:ref