丸の内オアゾ転落事故の身元は?親はなぜいなかった?

2022年6月18日に東京都の商業施設で転落事故が発生しました。

事故があった場所は東京都千代田区丸の内にある「丸の内オアゾ」で、転落したのは12才の男児です。

男児は転落により意識不明の重体になり、19日に搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察は自殺と見ています。

この男児の身元は判明しているのでしょうか。

また、転落の3分前に男児が1人で施設に入る姿が防犯カメラに映っており、親はなぜいなかったのかという点でも話題になっています。

そこで、今回は「丸の内オアゾ転落事故の身元は?親はなぜいなかった?」と題して、記事をまとめていきます。

 

丸の内オアゾ転落事故の身元は?

転落した男児の身元はわかっているのでしょうか。

調査しましたが、「都外から来た12才の男児」ということしかまだわかっていません。

現場にいた目撃者は「中学生くらいに見える大柄な子」と証言しており、小学校6年生の平均より上の身長や体重だったのでしょうか。

また、都内の商業施設という人が集まるような目立つ場所を自殺の場所に選ぶくらいの、少し大人びた賢い子だったのかもしれませんね。

また、転落した直後に救急隊員が「〇〇君のご両親いませんか」と呼びかけていたらしいです。

男児が転落直前に所持品のリュックを置いていたことから身元がわかるものを持っていた可能性が高く、警察は身元をすでに知っているのかもしれません。

近いうちにニュースで男児の身元が公開されるかもしれませんね。

ニュースなどでまた新たな情報が入り次第記事を更新いたします。

 

丸の内オアゾ転落事故の小学校はどこ?

今回丸の内オアゾの転落事故で亡くなったのは、小学6年生ということがわかっています。

一体、どこの小学校に通っているのでしょうか。

今のところ明らかになっているのは「東京都外」の小学校に通う男の子というのみです。

そのため、小学校についてはわかっていません。

ただ、東京駅に来るくらいなので一都3県、あるいは山梨県の小学生の可能性が高いと思われます。

現時点では明らかになっていませんが、今後新しい情報が入り次第改めて掲載します。

 

丸の内オアゾ転落事故の親はなぜいなかった?

なぜ、転落事故の際に男児の親はいなかったのでしょうか。

転落直前に男児が通話していた可能性があるらしく、当時の時間帯も夜だったことから「今から帰る」などと親とやりとりをしていたのでしょうか。

時間帯が夜ということから塾の帰りではないかと推察がされています。

しかし、わざわざ都外から都内の塾へと通う必要性があるのか疑問です。

事故の数時間前に親と喧嘩して家を飛び出し、突発的に自殺を図った可能性もあります。

そうであれば、親もまさか都内の商業施設へ来ているなんて考えもできず、親がいなかったことにも納得できますね。

そして、電話越しで男児が親と喧嘩をしていたことも考えられます。

しかしこれらは推察に過ぎませんのでご注意ください。

警察からの新たな情報がありましたら記事を更新いたします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「丸の内オアゾ転落事故の身元は?親はなぜいなかった?」と題して記事をまとめました。

2022年6月18日に東京都の商業施設「丸の内オアゾ」で12才の男児が転落するという事故が発生しました。

転落した男児の身元は、判明しておらず、「都外から来た12才の男児」ということしかまだわかっていません。

現場にいた目撃者から「中学生くらいに見える大柄な子」と証言があり、小学校6年生の平均より上の身長や体重だったと考えられます。

また、都内の商業施設という人が集まるような場所を自殺の場所に選ぶくらいの、少し大人びた賢い子だったのかもしれませんね。

転落した直後に救急隊員が「〇〇君のご両親いませんか」と呼びかけていたらしく、すでに身元は判明しているのかもしれません。

男児が転落直前に所持品のリュックを置いていたらしく、その中に身元がわかるものが入っていたのでしょうか。

転落直前に男児が通話していた可能性があるらしいです。

時間帯が夜ということから塾の帰りではないかと推察がされ、「今から帰る」などと親とやりとりをしていたのかもしれませんが、わざわざ都外から都内の塾へと通う必要性があるのか疑問です。

事故の数時間前に親と喧嘩して家を飛び出し、突発的に自殺を図った可能性もあり、親もまさか都内の商業施設へ来ているなんて考えもしなかったので、親はいなかったのではないでしょうか。