真鍋淑郎のwiki経歴|家族(妻+子供+孫)と学歴(出身高校大学)論文+国籍

今年のノーベル物理学賞にアメリカ・プリンストン大学上席研究員の真鍋淑郎さん(90)が選ばれたことが、大きく注目されています。

 

気候問題の研究がノーベル物理学に選ばれるというのは異例のことだといいます。

 

明るい話題で、素晴らしいことですね。一体、真鍋淑郎さんとはどのような人物なのでしょうか。

報道の概要

今年のノーベル物理学賞にアメリカ・プリンストン大学上席研究員の真鍋淑郎さん(90)が選ばれました。

真鍋さんは地球温暖化研究の先駆的存在で1950年代末からアメリカにわたり、コンピュータを用いて気候の変動を分析する研究分野を開拓しました。

その後、二酸化炭素濃度の上昇が大気や海洋に及ぼす影響を世界に先駆けて研究し、現代の地球温暖化予測の枠組みを築きました。

日本のノーベル物理学賞の受賞者は、2015年の梶田隆章さん以来、12人目です。

真鍋さんは1958年に東京大学大学院を修了後、アメリカ海洋大気庁(当時:気象局)の研究員となりました。1997年に帰国し、当時の科学技術庁の温暖化研究チームに着任、2001年からは再びアメリカにわたり、現在はプリンストン大学上席研究員をつとめています。

真鍋さんは現在、アメリカ国籍を取得しています。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/6a5403079b6cad7e92ce3d11867abaff31efc141

就任したての岸田文雄総理も、祝福のコメントを出しました。

 

 

真鍋淑郎のwiki経歴

・名前:真鍋淑郎(まなべしゅくろう)
・生年月日:1931年9月21日(2021年時点で90歳)
・出身:愛媛県宇摩郡新宮村(現四国中央市)
・居住地:アメリカ合衆国
・研究分野:気象学
・出身校:東京大学
・主な受賞歴:ベンジャミン・フランクリン・メダル(2015)、クラフォード賞(2018)、ノーベル物理学賞(2021)

真鍋淑郎さんは愛媛県宇摩郡新宮村(現・四国中央市)生まれです。

祖父の代から村内唯一の医院だったという実家に生まれて、新宮尋常高等小学校に通われました。大学院修了後にアメリカ国立気象局(現・米国海洋大気庁)に入り、後に主任研究員になっています。アメリカ合衆国国籍を取得しています。

今ではアメリカに暮らしていますが、地元に帰ると地元の友人と飲みかわしたりするといいます。

大気大循環に海洋大循環を考慮した新しい大気・海洋結合モデルを開発、気候変動の研究に適用しました。地球科学分野での数値シミュレーション導入の先駆的存在である。特に地球温暖化の研究では世界的に知られ、1988年には北半球で温暖化が先行すると発表し注目を集めました。

1968年からプリンストン大学客員教授を兼任し、1997年帰国、科学技術庁地球フロンティア研究システム地球温暖化予測研究領域長に就任。その後2001年に再渡米し、プリンストン大学研究員に転じています。

 

真鍋淑郎の家族(妻+子供+孫)【追記あり】

真鍋淑郎の家族構成が気になります。
今のところ真鍋淑郎さんの家族構成については明らかになっていません。

ただ、90歳という年齢を考えると結婚をして、子供がいる可能性が高いと思われます。

調べてみると、プリンストン日本人会のホームページで、真鍋淑郎さんの妻(嫁)に関する情報がありました。

真鍋淑郎さんとの座談会を予定されていた時、真鍋淑郎さんの妻(嫁)も同席して、学者の奥さんとしての苦労話も話す予定だったようです。

座談会ではどのような経緯で気象学者になられたのか、モデルを産み出すまでのいろいろなエピソード、現在の地球の状況をどう思われるか、今後、地球温暖化による深刻な問題はなんであるのか、今からすぐに実行されるべき対策は?など、参加者の方々にもカジュアルに質問を直接して頂き、奥様にも学者の妻としての苦労話もお話してもらう予定です。

出典:http://pja-nj.org/?p=6110

ただ、新型コロナウイルスの影響なのか会自体は中止となっています。

 

10月5日のノーベル賞受賞決定後のテレビ朝日「報道ステーション」では奥様についても言及されていて、「奥さんがサポートしてくれなければ、こういう研究はできなかった」と感謝の言葉を話していました。

 

ノーベル賞の授賞式では奥さんと一緒にセレモニーに出席するのが通例で、日本人受賞者は着物を着てセレモニーに参加する様子を見たことがある人は多いと思います。

授賞式のは時に奥さんと一緒に歩く様子などが報道されると思われるので、その時までにはわかるのではないでしょうか。

また、90歳という年齢なので子どもに加えて、孫もいる可能性が高いですね。

お子さんやお孫さんにとっても、すばらしいお父さん、おじいちゃんがいて誇らしいですね。

 

家族構成については引き続き調査してまいります。しばらくお待ちください。

真鍋淑郎の妻(奥さん)は信子さん【10月6日追記】

真鍋淑郎の妻信子さん
出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/a0bc2e667bcf6e150e09a93ee6744e2bfb1249b7

テレビ報道で、真鍋淑郎さんの奥さんのインタビューが映し出されていました。年齢は公開されていませんが、80代くらいの印象です。真鍋さんが研究に打ち込めるように家庭を支えていたようです。

はきはきとして若々しい感じの受け答えをしていました。

真鍋淑郎さんには娘が二人いる【10月6日追記】

真鍋淑郎さんには、娘さんが二人いることがわかりました。
仕事の関係でアメリカに住んでいるようです。
娘さんの名前や画像など素性については明らかになっていません。
詳細が分かり次第掲載いたします。

真鍋淑郎の自宅はアメリカのどこ?

真鍋淑郎さんの自宅はどこにあるのでしょうか?

ノーベル物理学賞の受賞が決まった後、真鍋さんの自宅にはマスコミの取材陣が殺到したといいます。これだけの偉業なので当然ですよね。

真鍋さんの自宅は、アメリカ東部のニュージャージー州にあります。健康上の理由で電話に出られない本人に代わって家族が「自分がノーベル賞をいただけると思っていなかった。びっくりしている」とコメントしています。

読売新聞は単独インタビューに成功したようで、自宅の写真も掲載されています。

 

真鍋淑郎さんの自宅
出典:https://www.yomiuri.co.jp/science/20211005-OYT1T50231/

アメリカの家という感じがして広々した立派な自宅ですね。

 

真鍋淑郎の学歴(出身高校大学)

真鍋淑郎さんの学歴についても調べました。

真鍋淑郎さんのwiki経歴の項目でも説明したように、真鍋淑郎さんは愛媛県宇摩郡新宮村(現・四国中央市)に生まれて、新宮尋常高等小学校に通いました。

旧制三島中学校(現・愛媛県立三島高等学校)を卒業後、1953年、東京大学理学部地球物理学科を卒業しています。

1958年は東京大学大学院の博士課程を修了しています。

さすが、ノーベル物理学賞を受賞するだけあって、すごい経歴ですね。

ちなみに現在の愛媛県立三島高等学校の偏差値は48前後、東大理学部(理Ⅰ・Ⅱ)の偏差値は67前後です。

三島高校の偏差値自体はものすごく高いという偏差値ではありませんが、真鍋さんが通っていた時には旧制三島中学校なので、現在とは違った環境だったでしょう。

三島高校の卒業生を調べてみると、将棋棋士の森信雄さんや、音楽グループTRFのボーカル、YU-KIさんなどがいます。

真鍋淑郎の論文

真鍋さんは1969年に大気循環と海洋循環のデータを組み合わせてコンピューターによるシミュレーション(模擬実験)をして、気象予測を行うプログラムである気候モデルを世界で初めて発表したことで注目されました。

1989年には、地球の大気に含まれる二酸化炭素濃度が徐々に増加すると、全球的に気温が上昇することを気候モデルを使って示した世界で初めてとなる温暖化予測を論文で発表し、世界に衝撃を与えています。

気候モデルは、IPCCの第1次報告書の温暖化予測に使用されて、温暖化問題への関心が一気に高まったり、92年の国連気候変動枠組み条約や97年の京都議定書などの採択にもつながっています。

今回のノーベル物理学賞の授賞理由は「複雑な物理システム理解への画期的な貢献」とされています。「地球の気候を物理的にモデル化し、変動を定量化して地球温暖化を確実に予測した」と評価されたといいます。

ネットの反応

国民
国籍はアメリカでも日本人が受賞したことは誇らしいです!!おめでとうございます!!
国民
おめでとうございます!
6年ぶりの物理学賞ですね!
内容は今の時代、とても重要なことです。
日本の誇りですね。
国民
ノーベル賞おめでとうございます。
2年振りの快挙ですね。
国民
2年ぶりの日本人の受賞ですね。
おめでとうございます!
やはり、基礎研究は重要ですね。
国民
おめでとうございます!!!
90歳になってから評価を受けるなんて、とても素晴らしいですね。
国民
研究者って本当成果がいつ評価されるか分からないのに信念を貫き通してて凄いな、、、といつも思ってます。
人並み以上の情熱がないとできない!!
ref:_00Dd0eHCX._5003o1URuSV:ref