前山剛久の罵倒音声データ!神田沙也加との口論内容全文は?

2021年12月に亡くなった神田沙也加さんについて、2022年1月5日、文春オンラインがなくなる直前に恋人であった前山剛久さんから罵倒されていたと報じて波紋を広げています。

神田沙也加さんと前山剛久さんは、舞台「マイ・フェア・レディ」で共演していたことがわかっています。

一体、前山剛久さんが神田沙也加と口論をした内容の全文はあるのでしょうか?

また、罵倒をした音声データは残っているのでしょうか。

そこで、「前山剛久の罵倒音声データ!神田沙也加との口論内容全文は?」と題して記事をまとめていきます。

 

前山剛久の罵倒音声データは?

一体、神田沙也加さんが前山剛久さんから罵倒されたのはどういう内容なのでしょうか?

音声データについて調べてみました。

 

マンションをめぐって口論

文春オンラインは神田沙也加さんが前山剛久さんから罵倒された音声データを入手したとしています。

二人は同棲生活を始めることを決めていましたということがすでに各報道によってわかっています。

音声は、前山さんがさやかさんには無断で契約をした同棲予定だった別のマンションに関して口論をしていた様子を収めたものでした。

 

繰り返される罵声の嵐

文春が入手した音声には、前山さんが沙也加さんに放ったものをみられる「死ね」という表現が何度も出てくるといいます。

前山さんから沙也加さんにかけられた言葉に、沙也加さんは涙声で応じていたということです。

本当にひどいとしか言いようがないですよね。

 

前山剛久が神田沙也加に言った内容全文は?

前山さんが沙也加さんに放った馬頭音声の内容全文については、週刊文春電子版に掲載されています。

しかし、上記のようにすでにTwitterでは画像が流出しています。

 

2021年12月から関係悪化で口論に?

文春によると、2021年12月に入ると前山さんと神田さんの間で同棲について話していたといいますが、そのころから関係が悪化します。

沙也加さんに断りを入れずに無断で同棲予定だったマンションとは別のマンションを契約していたことが判明しています。

2人はマンションを引き払うかどうかをめぐって、口論になります。

その口論内容を文春が入手しているとみられます。

文春の記事やTwitterを実際にみてみると、かなりひどいことが書かれており、実際に前山さんから何度も「死ね」という表現がされていました。

神田沙也加さんは「死ね」という言葉について言わないでとお願いをしたようですが、前山さんは言い続けていたとのこと。

神田沙也加さんは生前、「一緒のマンションに住みたかった」という趣旨の置手紙をしていたこともわかっています。

もしこの口論が亡くなるきっかけになったとしたら悲しすぎます。

もし真実だとしたら前山さんは罪を償うどころでは済まないでしょう。

 

前山剛久が活動休止を発表

2022年1月5日、文春が前山さんの罵声音声に関する報道をした直後、活動休止を発表しました。
「心身不調のため」としていますが、文春の記事が出ることが事前にわかっていて、タイミングを合わせて活動休止を発表したのかもしれませんね。

 

前山さんには元カノがいたことがわかっており、ある女性ではないかと言われています。

>>前山さんの元カノについてはこちらの記事をご確認下さい。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

2021年12月に亡くなった神田沙也加さんについて、2022年1月5日、文春オンラインがなくなる直前に恋人であった前山剛久さんから罵倒されていたと報じて波紋を広げています。

そこで、「前山剛久の罵倒音声データ!神田沙也加との口論内容全文は?」と題して記事をまとめてきました。

神田沙也加さんと前山剛久さんは、舞台「マイ・フェア・レディ」で共演していたことがわかっています。

調べてみると、前山剛久さんが神田沙也加と口論をした内容の全文は文春の電子版に公開されており、Twitterでもすでに出回っていることがわかりました。

また、罵倒をした音声データについては文春が持っていると考えられます。

この問題がきっかけで神田沙也加さんが亡くなったとしたら、ご両親やファン、本人がいたたまれませんね。

 

>>今回の文春記事が正しければ、前山剛久は自殺教唆罪になるのかはこちらをご確認ください。